MAYA

Maya2022.3がリリース モーフデフォーマーで別のモデルにアニメーションを転送機能、ミラー機能などが追加

Maya 2022.3 Update の新機能

Maya2022.3がリリースされ、モーフデフォーマーで別モデルにアニメーションを転送できるモーフリターゲットオプションや、ジオメトリをミラーする方法、マルチカットツールが地味に便利になったりしています。

  • Maya 2022.3 には、新しい機能が追加され、パフォーマンスの向上とバグ修正が施された MtoA 5.0.0.1 が搭載されています。
  • デフォーマの更新  キャッシュされた再生のサポート有無に関係なくジグルデフォーマーが使用出来るようになりました。
  • モーフ設定ダンピング スライダがアトリビュートエディタのモーフデフォーマーコンストレイントオプションに追加されました。
  • モーフリターゲットオプションが追加され同じトポロジモデルの別モデルにアニメーションを転送する事が出来るようになりました。
  • モーフデフォーマーを使用した時にモーフミラーオプションが追加されジオメトリをミラーする事が可能になりました。
  • デフォーマーウェイトのビジュアライゼーションが改善されました。
  • スカルプト ブラシをライブ サーフェスに拘束されるようになりました。リラックス(Relax)、 塗り付け(Smear)、 ピンチ(Pinch)、 グラブ(Grab)、および スムーズ(Smooth)ブラシがライブ サーフェスに自動的に拘束されるようになりました。
  • マルチカットツールでエッジ ループ全体をカットする割合が表示されるようになりました。

詳しくはMaya 2022.3 Update の新機能を確認してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 4 =