モデリング

Procedural Terrain Shader for Blender ブレンダーで凹凸地形を作るチュートリアル動画とノードデータをダウンロード出来ます

Procedural Terrain Shader for Blender

ブレンダーでディスプレイスメントにノイズテクスチャーとランプノードを繋げて凹凸の地形を作る方法が紹介されています。作成されたノードはGumroadから無料ダウンロードして使う事が出来ますが、1からでも簡単に作れるのでノードの繋ぐ勉強に触ってみるのも良いかもしれません。

ベクターディスプレイスメントとノイズテクスチャーを繋ぎ合わせて凹凸を作ります。


ランプノードの白黒の幅を変更する事で凹凸の出来る場所を制御しています。


複数の凹凸ノードをMixノードでつなぎ合わせて複雑な形状を作る事が可能です。


このような絵作りに使用する事が出来ます。

ちなみに山を作りたい人は無料で使えるアドオンもあるのでこちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Blendpeaks Blenderで無料で山を作れるアドオンがアップデートされより使いやすくなりました github Blendpeaks BlendpeaksはBlender用の無料のオープンソースアドオンで、ワンクリックで...
あわせて読みたい
「mountain peaks」Blenderで質感がついてる山を作れる無料アドオン mountain peaksアドオンをダウンロードする mountain peaksアドオンを使うとBlenderで無料で...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

three × one =