アニメーション

Cam-Shape-Matic ブレンダーでどの角度から見てもアニメ顔を破綻なくカメラアングルに作れる自動シェイプキーアドオン

Cam-Shape-Matic

Cam-Shape-Maticアドオンはブレンダーでアニメ顔の場合に2D画像と正面から見た場合は同じような見た目になったとしても、斜めから見た場合に形状が破綻する場合に、ボーンを選びアドオンを有効にしてからシェイプキーを作成登録してから、カメラの角度に合わせて形状を調整すると、どの角度からみても破綻の無い綺麗な顔を作成する事が可能になります。Blendermarketで9.99ドルで販売されています。

  • ドライバーをセットアップする必要のないリアルタイムのシェイプキー調整
  • タイムラインのスクラビング、アニメーションの再生、およびレンダリングで機能します
  • カメラアングルの感度調整を可能にします(したがって、シェイプキーはカメラアングルに応じて値を速くまたは遅く変更します)
  • リグのポーズがシェイプキーの値に影響を与えることができるように、ユーザーが参照するボーンを選択できるようにします
  • 現在1メッシュに制限されています(ルチオブジェクトの計画)
    モデルは、前方軸がワールドスペース+Yに沿って方向付けられるように設計する必要があります
  • 一部の変数はパネルに保存されないため、ブレンダーを再起動するときにターゲットメッシュ/ボーンをすばやくリセットする必要があります。
  • 将来的にはUnrealEngineとUnityへの移植が搭載予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − 16 =