アドオン

Cracker ブレンダーで亀裂を作成したり、亀裂を入れた片方のモデルを削除して壊れたモデルを簡単に作成出来るアドオン

Cracker

One Click Damageを作った作者のvfxguideさんが今度はブレンダーで選択してるオブジェクトに、位置や幅を調整した亀裂を作成したり、亀裂を入れた部分の片方を削除して削れたモデルを作成出来るアドオンの販売を開始しました。使用方法は簡単でアドオンインストールしたらモデルを選択した状態でCtrl+Wキーを押すと亀裂を作成出来ます。亀裂を細かく調整して作成出来るのがいいですね。One Click Damageと兼用したらより複雑に破壊されたモデルを簡単に作成する事が出来そうです。Blendermarketで12ドルで販売されています。

  • Sキー亀裂の入れるラインのノイズ調整
  • Rキー亀裂の回転
  • Gキー亀裂の移動
  • Tキー 亀裂の幅の調整
  • Bキー 亀裂のベンド変形
  • Dキー 亀裂量の調整
  • マウスホイール 亀裂のラインをより細かくするか単調にするか調整
  • Ctrl/Cmd 亀裂を入れた片方を削除

One click Damageのアドオンを知りたい人はこちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
OCD (One Click Damage) Blender モデルのエッジや表面にダメージ加工を1クリックで施してくれるアドオンOCD (One Click Damage) Blender 2.92+ add-on OCDはブレンダーで平らな表面やエッジ部分...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

18 + 4 =