モデリング

ブレンダーに多角形の汚いメッシュをインポートした時にモディファイヤーを重ねて綺麗なトポロジーを作成する方法

ブレンダーに他のソフトからメッシュをインポートした時に三角形や四角形にねじれた法線などを修正する方法を1から紹介している動画が公開されています。汚いモデルをベースにその面に沿って形状を1から作成する事もできますがDecimateのモディファイヤーを重ねて手数を減らして綺麗なモデルを作る方法もあるので参考にしてみてください。

読み込んだモデルがこちらです。屋根部分がポリゴン数が多く法線方向の影響から黒くなっている部分もあります。

まずはNormalsからRset Vectorsで法線方向を綺麗にします。

法線方向が整理され黒い部分がなくなりました。

次に屋根部分をモディファイヤーからDecimateを選びRadioの数値を減らして分割数を減らします。

さらにモディファイヤーを追加してPlanarに変更してフラットな形状にします。


Angle Limiteを0.5のUVを選び凹みのラインを調整して、

クリーンな屋根が完成しました。

最後にConvert ToからMeshを選びモディファイアーが全て適用されて完成です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 3 =