テクスチャ関連

GeoTrackerbetaアフターエフェクトで動画にCGモデルを簡単トラッキングしてくれる無料ベータ版が配布中

GeoTrackerbeta for Adobe After Effects

KeenToolsはAfter Effects用のGeoTrackerのベータ版を無料公開しました。GeoTrackerは専用マッチムーバーソフトではなく、アーティスト向けに設計された直感的な3Dオブジェクトトラッキングツールなので、ビューポートをクリックして 立方体、平面、球体、円柱、3Dモデルを読み込みピンで位置を合わせると、短時間でオブジェクトをトラッキングして映像に別の素材を張り付ける事が可能になります。

また、動画のカメラレンズに何を使用しているのか分からない時は焦点距離を自動で設定する機能があり、映像内でズームレンズが使用され焦点距離が変化する場合にも追跡出来るようになっています。

動画では男の子が持つ箱に合わせて、立方体のモデルをプラグインから読み込み位置を合わてプラグインを1ボタン押す事で、動く箱に合わせて配置した立体モデルも同じように追跡されて動き、別のテクスチャ画像を張り付けて箱の柄を変更したり、オリジナルの3Dモデルを用意する事で車のボディに別のテクスチャを張り付ける事が出来ています。

正式版公開までwindows、mac用共に無料配布されているので気になる人は今のうちにダウンロードして使用してみてください。

  • GeoTracker はカスタム 3D モデルを読み込んで追跡できます
  •  立方体、円柱、平面、球体の 4 つの組み込み 3D プリミティブがあります。
  • 追跡されたオブジェクトは、3D および 2D Null レイヤーとしてエクスポートでき、他のレイヤーにリンクしたり、Element 3D、Cinema 4D、パーティクル ジェネレーターなどに渡したりできます。
  • 映像の撮影に使用されたカメラが不明な場合、GeoTracker はカメラの焦点距離を推定できます。
  • ほとんどの場合、私たちのプラグインは、気付かないうちに反射とオクルージョンを処理します。困難な場合には、問題のある領域を追跡から除外する 2D マスクをサポートします。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

8 − 2 =