MAYAで使えるハードサーフェースプラグイン「ModIt」が公開されました!

Pocket

先日ライブモデリングをやっていると記事を書いた凄腕ハードサーフェースモデラーのRomain ChauliacさんがMAYA用プラグイン「ModIt」を発売しました。ハードサーフェースモデリングをする上で使いやすい機能がコンパクトにまとまっています。

スポンサードリンク

ModItは何が出来るの?

直ぐにプリミティブオブジェクトを配置出来る

角度が違っても直ぐにインスタンスモデルを配置

ボタン1つで左右対称

ボタン1つでハードエッジ部分を選択するので直ぐにベベル作業などが出来る

特に便利だと思ったのがこちらの機能。選択したモデルに色を付けて

色の付いた箇所だけを直ぐに選択出来るようになります。前に記事を書いたSetsがより簡単にできるようになった感じですね。

選択箇所の保存

カーブを作れば

簡単にチェーンが作成出来ます

こんな感じです。

はりつけたい面を選択してプリセットで入ってるネジのモデルをクリックすれば

直ぐにモデルが配置されます。

Gumroad Script – ModIt for Maya

あれば便利な機能が色々と詰まっていますね。販売価格は10ドルでMAYA2016~2019に対応しています。

こちらの記事も読まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。