3DCGクリエイターが年末にゆっくり観ておきたい新作映画7選!

1年の疲れをゆったり癒やす年末。さすがにこの時期はブラック会社で働いてる皆様もさすがに休めるのではないでしょうか…僕はすでに連休に突入しているので、ゆったり映画でも見ようと思っています。

今年多忙だったクリエイターの皆さまがお家でゆったり見るのにおすすめの新作映画を7つピックアップしてみました。

社内やクライアントとの”あの映画のこんな感じ!”という言葉についていけるように話題作には一通り目を通しておきましょう!


ファイティングドリー

全作よりもドリーのウザさに評判は一回り落ちている感じがしますが、それでも綺麗な海の映像と安定感のある内容に充分元を取れる映画。親戚のちびっこを黙らせるのにも、おじちゃんと一緒に映画を見ようと良いツールですww

ペット

僕もまだみていないが、アマゾンレビューでは大人も笑えるとの声もあり、中々楽しそうな映画です。これも犬好きの子供を黙らせるのに使える1品。

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>

レンタル料金が現在¥700と高いですが、全作好きな僕としてはこれは絶対見る!!一人でゆっくりみる!!ミーガン・フォックスが可愛いからそれだけに見るわけじゃないですよwww

ジャングル・ブック (吹替版)

3DCGで作られたリアルな動物たちを観ておかないと時代に乗り遅れること必須の一品。もう3DCGで本当に作られているのか何なのか頭がパニックになりますよね…。


ウォークラフト (吹替版)

只今はまってるハーフストーンのブリザード社が作ったゲームの映画版。レジェンダリーが作っているのでCGは格別です。

予告編もぺたっと貼っときます。

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

これは発売して速攻買ってみましたが、CGすんごいです!!内容はよくわからんけど、CGすんごいですので目の肥やしに観ときましょ。

エクス・マキナ

未来はデジタルで埋め尽くされる。こんな世界は絶対に来ないと思うのか?それとも、そういう時代が来ると思うのか?色々考えられそうな映画です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらの記事も読まれています。