未分類

イラスト、グラフィックデザイン、Webデザインなど色々なクリエイターの作品が見れる書籍「ジャパン・クリエイターズ 2018」が発売されます。

3DCGだけではなく、普段関わる事のない色々なクリエイターの作品が載った書籍「ジャパン・クリエイターズ 2018」がボーンデジタルより発売します。面白いアイデアを垣間見る事の出来る1冊となっています。

またこのような書籍に自分の作品を載せてもらいたいという人は審査がありますが31,000円を払えばB5判カラー見開き2ページでの掲載も可能だそうで、本を通じて仕事の依頼が来たり人とのつながりが増えるそうなので、興味がある人はジャパンクリエイターのサイトを是非チェックしてみてください。

【本書の特徴】

本書は2014年の創刊以来5年目の刊行。今回も最新の日本のイラスト、デザインなどをお届けします。

今号では、巻頭特集に「Logo & Typography」を設けました。ブランドやCIなどの文字列からは、単なるフォントを組んだデザインではなく、そこから対象となる製品や企業のコンセプト、歴史などが見えてきます。そういったデザイナーの”遠謀深慮”をお楽しみいただければと思います。

そして、本編のイラスト、グラフィックデザイン、Webデザインなどは、また一歩、新しい領域に踏み込んだ作品に満ちています。

時代の空気、流行、デジタルツールの進化、技術スキル向上など、さまざまな要素が作品に反映されます。一方で、伝承される表現技法や個性など普遍的な要素も根付いていることを感じます。作品はそういった要素の複合的な産物と言えるでしょうし、だからこそ、2018年の作品は2018年にしか生まれません。

本書のクリエイターが活躍する現場としては、広告、出版、映画・映像、Webなどが挙げられます。そして本書がクリエイターの皆さんの間をつなぐコミュニケーションツールとして機能し、新しい出会い、新しいクリエイティブ創出のきっかけとなれば幸いです。

本書は2018年現在における「日本クリエイティブ」のパッケージです。
● 最先端のクリエイティブを閲覧する資料として
● イラストレーター、デザイナーをお探しの企業の皆様のガイドブックとして
● 学生などクリエイターを目指す方々の指標として
読者の皆様には、さまざまな視点で本書をご活用いただければ幸いです。

スポンサードリンク