Photoshop

フォトショップを使い1分で簡単にリアルな炎素材を作る方法

最新のフォトショップCC2017を使えば簡単に炎を作る事が出来ます。

炎を作るにはツール上の【編集】→【環境設定】の【パフォーマンス】からフォトショップの「グラフィックプロセッサーを使用」にチェックをいれないと使う事が出来ないので注意してください。

フォトショップで炎を作る方法

パスのペンツールで適当にラインを書いて

 

 

【フィルター】→【描画】→【炎】を選ぶと

編集画面が表示されるので、6種類ある炎の中から形を選び、大きさや角度を変えて使いますが、一番下にある【画質】を最初は低くして最後に高画質にすると、形を決める時はモタつきが無くなり作業を早く済ませる事が出来ます。

炎はこんな形を作る事ができますが


パスの形によって炎の形は変わるので、点々とパスを書けば


こんな炎も作れるし、


炎ではなく、光るライン素材として素材を作る事も出来ます。

 

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。