MAYA

フォトショップだけで”より”立体感のあるノーマルマップを作る方法

以前フォトショップを使って白黒画像からノーマルマップを作る方法を記事にしましたが、今回はフォトショップを使って”より”立体感のあるノーマルマップを作る方法を記事にしました。

こんかいは最終的にこのような見た目になるノーマルマップを作っていきます。

まずはフォトショップのパスで黒ベタの模様を描きます。

黒ベタの画像だけを選んで右クリックからレイヤースタイルで光彩(内側)にチェックを入れて、以下のように設定しました。

すると黒い画像の内側に白いグラデーションができます。

これで以前記事にしたフォトショップの「フィルター」→「法線マップを生成」を選ぶと

このようにレイヤー効果でグラデーションがあるおかげで、左画像のようにより立体感のあるマップを作る事ができました。レイヤー効果がないと右側の画像のように立体感が全く無い平べったいノーマルマップとなります。

実際に使ってみると徐々に立体感のあるテクスチャが反映されています。

これを使うと単なドーナッツ型の黒い画像でもこのようなノーマルマップを作れるので色々と応用範囲が広がりそうです。

良い感じですね。

レイヤー効果をフォトショップでつけるのは数秒で終わるとても簡単な処理なので是非使ってみてください。

色々使えそうな柄のデータを1つは持っておきたいですね。
アラベスク模様素材DVD-ROM

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。