MAYA

ArnoldでGPUレンダリング可能なBETA版が3月20日にリリースされます!

ついにRTXの機能を発揮出来る時がきました。

パブリックベータ版のArnold GPUを含むArnold 5.3は、東部標準時午後3時20分、2019年3月20日にダウンロード可能になります。 Arnold GPUは、Autodesk Maya、Autodesk 3ds Max、Houdini、Cinema 4D、およびKatanaでサポートされているすべてのプラグインで利用可能になります。 Arnoldの30日間無料トライアルでArnold GPUを試すこともできます。

MULTI GPU-SUPPORT機能ではRTX2080 Tiを2枚刺してのレンダリングもしていますが、1枚とはどれだけ速度が違うのかも気になる所です。

2枚挿し….。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。