blender

ブレンダーを使い壮大な映画のワンシーンを予感させるメイキング映像:おまけあり

ブレンダーを使いダイナミクスで風と乱気流のジェネレーターを試すついでに音楽を入れて作られた作品ですが、まるで壮大な映画のワンシーンのような出来栄えとなっています。

作るのに使用されたPCはCPUがi7-8750Hで、GPUはGTX1060に16GBのメモリが搭載された至ってシンプルな構成のPCです。

疲れ切った表情と毛の動きが良い感じで、続きが気になってしまいます。

実写との合成映像としても出演

ちなみにこのキャラクターはtony the huskyという名前で実写とアニメーションを融合させた短編映像が作られていますが、先ほど見た映像のキャラクターとは思えないイタズラキャラとなっていますが非常に面白いです。

車にいたずら書きする

自分がCGで作られた事に驚く

拳銃で飛んでいる鳥を撃った後に…

ブレンダーを使ってマッチムーブも試して見たくなりますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。