3DCGの勉強

映画「アバター2」などに参加しているクリエイターが教えてくれるリアルな人間の顔を1から作るチュートリアル動画

YIIHUU Terence Mckenna Digital Bust – Making of

業界の第一線で活躍する世界中のクリエイターのチュートリアル動画を販売するYIIHUUのサイトで、シニアデジタルスカルプターのFabio Pacheco Paivaさんが、リアルな人間の顔を1からMAYA、Zbrush、arnold、コンポジットにフォトショップとアフターエフェクトを使って作成するチュートリアル動画が販売されました。

作者は過去に「ランペイジ巨獣大乱闘」や「アリータバトルエンジェル」、「モータル・エンジン」、「Avator2」などに関わっているハリウッドの第一線で活躍するクリエイターさんです。顔の作り方とレンダリング方法を誰でも簡単に理解できるように教えてくれる内容で初心者と中級のアーティスト向けの内容となっています。

コースは30レッスンで合計 11時間のボリューム。定価129ドルですが今だけ69ドルでさらにクーポンコード「YHM15」を使うと15ドル引きになります。

動画の内容

1.キャラクターを作る上で大切なリファレンスの探し方を学びます。適切なリファレンス画像を見つけることは、すべての彫刻プロセスの最も重要なステップです。 多くのリファレンスを検索して、可能性のある問題や将来必要になる可能性のある問題を予測する必要があります。キャラクターのさまざまな角度のリファレンスを見つけてください。

2.キャラクターの形をしっかりと作ってから、収集したリファレンスに基づいてより具体的に形作って行く方法を学びます。

3.mayaとuvを作成してから、zbrushからディスプレイスメントマップを正確にし、Mayaのlookdevシーンをセットアップして、ディスプレイスメントと基本的なテクスチャをテストします。

4.質感とリアルな眼球の作り方について学びます。

5.Zbrushでカラーテクスチャを作成する方法を学びます。

6.Xgenでの髪の毛と眉毛、まつげを作成する方法を学びます。

7.arnoldでレンダリングして、フォトショップとアフターエフェクトを使ってコンポジットして完成です。

YUHUUのサイトでは過去に紹介したゲーム用ドワーフを作成するチュートリアル動画が60%オフで販売されていて、

【60% OFF Sale!】The Dwarf Warrior: 3D Character Creation For Game

MAYAでリギングしてアニメーションさせる方法を学べるチュートリアル動画も60%オフのセール価格として販売されているのでこちらもチェックしてみてください。

【60% OFF Sale!】The Dwarf Warrior II: from rigging to animation and engine

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。