アニメーション

自然な会話が人間とできるデジタルヒューマン「ダグラス」が発表されました

Digital Domainは、「人間と機械の相互作用の障壁を打ち破り、自然で簡単な会話を生み出すように設計された」新しい現実的なリアルタイム自律デジタルヒューマンであるダグラスを発表しました。 ダグラスは顔を切り替える能力を持つカメレオンのようなものだと言われ2021年に発売することを目標としています。

このプロジェクトは、言語処理、表現、視覚追跡などに焦点を当てて、会話をリードすることから人々を思い出すことまですべてを行います。応答率は現在AlexaやSiriと同じであるため、会話は自然な流れで行う事ができます。

ファストフード店での注文の受付系は全てこれ1本で解決する事ができそうですね。会話中にさらっと手が出てくるところとかグッときます。

過去には中国でAIキャスターが出現して話題となっていましたが、ダグラスは今後どうなっていくのでしょうか。

あわせて読みたい
世界で初めて24時間働ける人工知能の3DCGニュースキャスターが中国で登場! まさに未来がやってきた!! 最新のAI技術に基づいたニュースアンカーは、音声、表情、そして実際の人の行動を持つ男性像を持つ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。