3dsMAX

3dsMax2021.3 CADデータも自動リトポで四角形に変換してくれる機能追加


3dsMax2021.3

3dsMax2021.3が発表され新しいビューポート機能、PBRマテリアルを素早く追加する機能などが追加されましたが、目玉と言ったら自動リトポロジーツールが追加され細かな三角ポリゴンやCADデータを自動的に四角形に変換してくれる機能が追加されました。サンプル動画を見る限りはかなり使えそうな感じですが、果たして実用的なのかどうなのかといった所でしょう。

Retopology Tools 1.0

 

  • Retopology Modifier

Retopologyモディファイヤを使用して、モディファイヤスタック上のその下のジオメトリックメッシュデータを分析し、ポリゴンメッシュデータをクリーンなクアッドベースのトポロジとして再構築します。 ワークフローのニーズに最適なさまざまなアルゴリズムが提供されています。

  • ReForm Algorithm

ReFormは、オートデスクが開発した自動化されたリトポロジソリューションであり、入力メッシュデータの曲率と形状を追跡するために、妥協のない精度で新しいクワッドベースのジオメトリを生成します。

ユーザーは、スムージンググループ、マテリアルID境界、UVデータ、ブールシーム、法線、エッジ選択、角度分散などの既存のメッシュデータを利用して、ReFormの結果をガイドできます。
ReFormは、スキャン、彫刻、生成、モデル化など、ほぼすべてのタイプのメッシュデータに最適です。

  • Quadriflow Algorithm

Quadriflowは、自動化されたリトポロジの四角形化方法であり、インスタントメッシュよりも多少低速ですが、インスタントメッシュが提供するものよりも入力トポロジに厳密に従うより良い結果を生成できます。

  • Instant Meshes

Instant Meshesは、入力メッシュデータにほぼ従うことができる新しいクアッドベースのトポロジを非常に迅速に生成できる自動化されたリトポロジアルゴリズムです。 これは、厳密な近似が必要なスキャンデータまたは彫刻データに最適です。

  • Mesh Clean Modifier

他の3Dアプリケーションからメッシュデータを3dsMaxにインポートする場合、このデータは多くの場合、不正な形式であり、さまざまな問題が発生する可能性があります。これは、Retopologyモディファイヤの機能に影響を与えるだけでなく(ジオメトリックメッシュデータを再構築しようとするため)、 3dsMaxでもさまざまなアクションを実行する能力。
メッシュクリーナーモディファイヤを使用すると、不正な形式のメッシュデータをすばやく分析して修復できます。

  • マテリアルとシェーダーの強化

PBRインポートを使用すると、さまざまなPBRテクスチャファイルをロードすることで、PBRまたは物理マテリアルをすばやく作成できます。


Boolean Seamsを選んでReFormでRetopologyすると別れていた別ポリゴンが結合されて自動的に綺麗な四角ポリゴンに変換されています。これはいいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

two × 1 =