モデリング

Blender モディファイアーを沢山使って形状が破綻する時にそれを防ぐ便利な方法


Blenderでモディファイアーを駆使してブーリアンやベベルを使って形状を作ろうとした時に形が破綻してしまう事がありますがそんな時にはモディファイアーのDecimateを挟んであげたら形状を綺麗にできる方法を紹介しているチュートリアル動画がありましたのでご紹介です。ハードサーフェース系に使えそうなテクニックなので是非使ってみてください。

モディファイアーを使って分割したモデルを


ブーリアンで穴を開けてベベルすると形状が破綻しています


ブーリアンしている部分を表示してみるとご覧の通り。後から位置を調整したりするのに便利ですがこれだと使えないですね。

そんな時はモディファイアーに「Decimate」を追加してあげましょう。

Solidifyの下に「Decimate」を追加して分割方法を「Planar」に変更してAngle limiteを5度に設定。

するとブーリアンやベベルを使って破綻していた形状がモディファイアーを全て残した状態でも綺麗に表示できるようになりました。ただしそれでも部分的にブーリアンの位置が悪いために形状が破綻している場合は、少しだけブーリアンの位置を移動してあげる必要があるので注意してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。