テクスチャ&レンダリング

Arnold6.2リリース レンダリング後に明かりを調整出来るライトミキサーイメージャーやブルーム効果を実装

Arnold 6.2リリースノート

オートデスクは、Arnold6.2のリリースを発表しました。 新機能には、新しいライトミックス、ブルーム、ノイズ除去後処理ノードが含まれます。 シャドウリンク、NanoVDBのサポート、起動の高速化など、いくつかのGPUの改善。 強化されたUSDサポート。 OpenColorIOv2の統合など。 詳細については、Arnoldブログを読んでください。

ライトミキサーイメージャー:レンダリングを再開せずに、レンダリング中およびレンダリング後にライトグループAOVをインタラクティブに編集できます。

ブルーム効果を実装するようになりました。 ブルームまたはグローは後処理効果であり、フレーム全体で特定のしきい値を超えるピクセルをぼかして、不完全なレンズでの光のにじみをシミュレートします。


Noice denoiser imagerは後処理エフェクトとしても使用できるようになりました。 シーンをレンダリングするたびに画像のノイズを自動的に除去し、ノイズ除去設定を編集して、結果の画像をレンダリングビューに直接表示できます。

OptiX denoiser imager後処理エフェクトとして利用できるようになりました。これは、IPRで使用するためにArnoldに統合されています(カメラを動かしたり、その他の調整を行ったりするときに、非常にすばやくノイズ除去された画像を取得できます)。


起動時間の改善:このバージョンでは、シーンを初めてレンダリングするときの初期起動時間が改善されています。一部のシーンでは、起動時間の最大2倍のスピードアップと、レンダリング時間の4%のスピードアップを測定しました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。