3DCGソフト

Zbrush2021.7 使える新機能が6種類追加でさらにモデリングやスカルプトがしやすくなります

次期Zbrush2021.7の新機能が紹介されているスペシャルイベントが公開されました。今回のアップデートでは日常的にもかなり使えるスカルプトやペイントに便利な機能が追加されているので主な新機能をリストアップしました。日本時間では2021年8月26日リリース予定となっています。

Slice&Dice It

ナイフブラシを使用してスカルプト出来るジオメトリを対照的にカット出来ます

Stage It

メッシュに2つの位置を保存出来るので、ペイントしやすい位置にモデルを保存しておいて、実際に配置する角度のある場所を保存しておくことが出来ます。

Bevel It

新しいBevelFlatブラシとBevelArcブラシを使用してエッジに沿って平らで丸みのあるベベルをリアルタイムでスカルプト出来ます。

Interpolate It

メッシュ上にブラシで2つのストロークを描くとその2つの間を補完して必要な数のストロークでパターン模様を作成出来ます。スカルプト、ペイント、マスクで使用する事が可能です。

Mirror It

ポーズをとっているメッシュの片方からポリペイントとマスキングをコピーする事が可能です。

Adjust It

最後にストロークした部分をスライダーを使って微調整する事が可能です。スカルプト、ペイント、マスキングの強度を変更可能で履歴を使って描いたストローク全てを一度に調整する事も出来ます。

その他に追加されている機能はZbrush公式サイトより確認してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。