アンリアルエンジン

3D Game-Ready Environment In Unreal Engine 4 アンリアルエンジンで1からゲーム用背景の作り方を学べるチュートリアル動画が販売開始!


3D Game-Ready Environment In Unreal Engine 4

世界中のチュートリアル動画を販売しているWingfoxのサイトで3DsMax、サブスタンスペインター、アンリアルエンジン4を使ってゲーム用の背景シーンを1から学べるチュートリアル動画が販売開始されました。リファレンス集めからブロックモデルの作成、モデリングやサブスタンスペインターを使ったテクスチャ作成からUE4でのマテリアルア作成からライティング方法などを学びながら1つのシーンを作成出来る動画となっています。

教えてくれるのはサウジアラビアでオンラインプログラムで600人以上の生徒にCGを教えているDavid Masanaさんです。

動画は合計10時間47分のボリュームで定価99ドルですが早期購入特典として49ドルで購入できますが、さらにクーポンコード「WFF15」を入力すると15%引きで購入する事が出来ます。

1.リファレンス集めとブロックモデル作成

まずはリファレンスを集めてラフモデルとなるブロックアウトを作成します。その後3dsMaxで1つ1つプロップモデルを作成していきます。

2.ベースメッシュ作成

ベースメッシュをどのように作るのか学びます。

3.UE4でライティングを作成する方法

UE4でどのようにライティングを設置するのか、フォグなどの基本的な事を学びます。

4.UV展開して最終的なモデリング

UVマップを展開して3dsMaxでのモデリング作業を完了させます。

5.サブ寸タスペインターでのテクスチャ作成とUE4でのマテリアル作成

サブスタンスペインターを使ってテクスチャを作り、UE4でマテリアルを作成します。

6.ライティングやデカールなどの調整

その後最終的な照明を調整したり、汚れたデカールを張り付けたたりして物語の雰囲気を作成していき、必要な小道具などを追加します。

7.レンダリング

最後にレンダリングして完成です。

その他にもWingfoxのサイトではUE4を学べるチュートリアルやブレンダーを学べる動画など多数販売されています。

脱初心者!UE4でFPSが作れるようになるチュートリアル
WFF15を使用する事で15%で購入出来ます。


Blenderコンセプトアニメーション「ジブリ風シーン」全プロセス制作
WFF15を使用する事で15%で購入出来ます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。