テクスチャ&マテリアル

BlenderのBake機能を使ってプロシージャルマテリアルをテクスチャとして書き出す方法


BlenderのCyclesでレンダリングされるプロシージャルマテリアルからタイリング可能なテクスチャをベイクして作成し、それらをインポートして同じマテリアルを再作成し、テクスチャを使用してEEVEEで見栄えの良い軽量バージョンを生成する方法を説明しているチュートリアル動画が公開されています。この方法を使うと作成したテクスチャをBlender以外の様々なソフトでも使用する事が出来るようになります。

ブレンダーで表現されているプロシージャルマテリアル

平面モデルにマテリアルを適用して、BlenderのCyclesからBake機能を使って平面テクスチャを作成

ディフューズ、ラフネス、ノーマル、疑似的なディスプレイスメントマップを書き出してテクスチャを割り当てるとプロシージャルマテリアルをEEVEEでもテクスチャとして表現する事が出来る様になります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 2 =