Unity

Unityがデジタルヒューマンの最新進化系Enemiesのシネマティックティザー映像を公開

『Enemies』のご紹介:Unity が送る、現実に迫るデジタルヒューマンの最新進化形

受賞歴のあるUnityのデモチーム作成した「Enemies」と言われるリアルタイム シネマティック ティザー映像が公開されました。目にはコースティックが加えられ、顔の産毛で顔の微妙な陰影の変化を与えて、髪の毛にはMayaのXgenを使用してHDRP向けのHairシェーディングが使用され、細かい髪の毛は画面上で毛束が小さすぎる場合には適切にラスタライズが行われない事でエイリアシングを減らして作成されています。

1~2カ月後にはアップデート機能を含めたdigital human2.0がリリースル予定で、ヘアーシステムを含むパッケージをgithubで公開して正式サポートまでフィードバックを収集する予定で、Enemiesで実装された機能はUnity2021.2または2022.2に搭載される予定です。

人肌のリアルさもありますが顔の動きや唇の動きが実写感を増しているように感じますね。

詳しく内容を知りたい人はUnityブログのこちらの記事を参考にしてみてください。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen + 13 =