MAYA

Maya 2023 の新機能 より使いやすくなったブーリアン機能やリトポロジが高速、マルチカットツールにパーセント追加など

Maya 2023 の新機能

Maya2023の新機能や改善点がAUTODESK公式サイトに公開されています。モデリング面ではブーリアンやワイヤーフレームの透明度の変更、自動リトポロジーツールが高速になり、マルチカットツールで%表示出来るようになったり細かい面で色々と追加されていますが、何がよくなったのかざっくりまとめてみました。

MayaのUSDプラグインの更新

Mayaのユニバーサルシーンディスクリプション(USD)のサポートが更新され、アーティストはMayaワークフローと組み合わせてUSDをシームレスに操作できるようになりました。

Bifrost 2.4.0.0

Bifrost 2.4.0.0 には Bifrost USD が導入されています。USD の機能と Bifrost グラフの自由度や使いやすさを組み合わせることで、アセットの非破壊的なアセンブル、整理、編集が可能になりますが、様々な改善と追加がされています。

Blue Pencil 描画ツールでマークアップや中訳を付ける事が可能

新しいBlue Pencil描画ツールを使用して、3Dでマークアップして注釈を付けます。

ブルーペンシルを使用すると、アーティストやアニメーターはビューポートに2D描画や注釈を作成できます。 以前のGreasePencilツールに代わるものとして、Blue Pencilは、テキストや図形の描画ツールのほか、レイヤー、リタイミング、変換などの機能を含む、より多くの機能と柔軟性を提供します。 シーンファイルをブロックしたり、メモや提案でシーンファイルに注釈を付けたりするプリプロダクションアニメーションに最適です。

改善されたブール演算

新しいブール演算ノードを使用することにより、これまでよりも少ないクリック数でブール演算を作成、編集できます。新しいブール演算スタックのオプションを使用すると、メッシュをライブで編集し、シーン内で発生する可能性のある変更をプレビューすることができます。

メッシュワイヤーフレームの不透明度

カラーチューザーでアルファチャンネルを使用できるようになり、オブジェクトのワイヤーフレームの不透明度を設定できるようになりました。サーフェス上のテクスチャをより見やすくすることができます。

アニメーションパフォーマンスの新機能

Maya 2023には、キャッシュ再生、評価ツールキット、ベイクシミュレーションオプションの更新など、作業をスピードアップするのに役立ついくつかのアニメーションパフォーマンスの改善が含まれています。

Mayaのリトポロジーツールの更新

Mayaのリトポロジツールの更新により、大幅に高速になりました。前処理機能も追加され、四角形にリトポロジ化する前に三角形の再メッシュを行う必要がなくなり、さらにパフォーマンスが向上しました。

デフォーマーの更新

新しいリターゲティングおよびミラー機能、Solidifyスケーリングオプション、および追加のDeformerフォールオフがMayaデフォメーションに追加されました。

コンポーネントタグの新機能追加

コンポーネントタグに新しい機能が追加され、タグのメンバーシップをより細かく制御できるようになりました。

モデリングパフォーマンスの向上

Retopologyツールの更新とブール演算の改善に加えて、Maya 2023は、一般的なモデリングワークフローを高速化し、新しいホットキーを使用してマウスをクリックせずにアトリビュートエディターを変更したり、押し出しとベベルからマーキングメニューを素早く選択出来るショートカットが追加、マルチカットツールで%が表示されるようになり、正確にカット出来るようになりました。

また、押し出し機能を使う時に均一にモデルを押し出せるようになり、ビューポート2.0でCreaseを使用する時に、コンポーネントカラーのオーバーライドがサポートされるようになったり、スカルプトツールの改善などがされています。

新しいメッシュスイープオプション

スイープメッシュツールに新しいオプションが追加され、カーブごとに単一のクリエーターノードを使用するか複数のクリエーターノードを使用するかを選択できるようになりました。

Create VR for Maya

Create VR for Maya は臨場感のあるコンセプト デザイン ツールです。アーティストとデザイナーはこのツールを使用して、クリエイティブなプロセスを 3Dで直接開始することができます。

Arnold for Maya 5.1.0 plug-in

MtoA 5.1.0は、Arnold 7.1.0.0を導入します。ノイズ除去、トリプラナーシェーダーへの要望の多かった追加、USDプロシージャおよびHydra Render Delegateの新機能とバグ修正、およびCPUとGPUの対話性の向上を実装します。

Operating System, Python, and PyMEL Updates

オペレーティングシステム、Python、およびPyMELの更新

What’s New in the Maya 2023 devkit

Maya 2023 devkitには、新しい最小CMakeバージョン、新しいBlue Pencil APIとコマンド、およびその他のいくつかの変更が含まれています。

Pin tabs in the Attribute Editor

アトリビュートエディターで表示しておきたいたぶをピンを使う事で他のモデルを選択しても表示し続ける機能が追加されています。

詳しい詳細についてはAutodesk公式サイトのMaya 2023 の新機能よりご確認してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen + fourteen =