便利なソフト

SketchUp for Ipadが正式リリース 何処にいてもモデリングからカメラで撮影したテクスチャを張りつけたり出来ます

App Store SketchUp

建築やインテリア業界で使われているSketchUpのソフトがipadに正式対応して、オフラインで何処にいてもアイデアを3D作成出来るようになりました。ipadを操作するにはマルチタッチジェスチャ、アップルペンシルやマウスを使う事が可能で、ipadのカメラを使う事で外出中に撮影したテクスチャをSkethUpに読み込み直ぐに割り当てる事も可能です。またAR表示する事で現実世界に3Dモデルを配置してサイズやデザインを確認する事も出来ます。

SketchUp for Ipadは7日間無料で使用する事ができますが、アプリ内のサブスクリプションは1年間で119ドルとなっています。PCがある人はブラウザからフリー版のsketch Upを触ってみる事も出来ます。

使ってみたい人はipadでsketchUpを使用するチュートリアル動画が公開されているのでそちらを見ながら操作方法を学んでみたら良いと思います。

窓を撮影してその場で張り付けるのはipadだからできる事ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − eleven =