MAYA

MAYA2022 USD layer Editorを使う事でモデルの位置を変更したバリエーションシーンを作る事が簡単になるチュートリアル動画

Maya2022からUSDプラグインが追加されUSDデータを扱えるようになりました。USDデータはインポートが早く、ビューポートでも快適にモデルを確認する事ができますが、USD layer Editorを使とモデルの場所を変更したり、選んだモデルだけ非表示にした状態をレイヤーに保存しておけるので、何種類ものバリエーションシーンを簡単に作成出来るようになりましたが、その便利なMAYAのUSDデータのエクスポート、インポート、USD layer Editorの使い方を紹介している動画があるのでこちらを参考にしてみてください。

Autodesk公式日本語解説動画ではUSDの基本的な解説から、USD layer EditorでDefからリファレンスモデルを読み込むと、移動したレイヤーを保持しながらリファレンスモデルを差し替えれる方法を紹介しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × two =