アフターエフェクト

loopFlow アフターエフェクトで静止画からラインを描きメッシュ化する事で動いてるようなアニメーションを作成出来るプラグイン

loopFlow

loopFlowは、静止画像にラインを描きループビデオにアニメーション化できるAfterEffectsプラグインです。マスクを使用して、流れの面積と方向を決定して、流れる水、うねる煙、飛ぶ粒子、火などの連続的な流体の動きや髪の毛、毛皮、布地などをアニメションすることも可能です。作成されたメッシュに沿って画像の領域をスライドさせることでアニメーションを簡単にループできます。49ドルで販売されています。

実際に滝の画像を使ってTutorials View+さんがアフターエフェクトでプラグインの使い方を説明している動画が公開されています。

  • アニメーション領域は2つのマスクで定義されます。
  • サイクルを開始または停止するオプションを備えたループ付きのシームレスなアニメーション。
  • アニメーションは前後に移動できます。
  • ブレンドは、線形、ソフトノイズ、またはワイプすることができます。
  • ブレンド遷移は、両方のレイヤーの曲線で個別に制御できます。
  • オプションの歪みを追加して、アニメーションをより自然に見せます。
  • スピードランプを使用すると、流速を動的に変更できます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

three + 1 =