アドオン

Object Caver ブレンダーでサクサク穴開けやパーツ別け出来る標準搭載アドオンの詳しい使い方

Object Caverはブレンダーでモデルにサクサク穴あけや、モデルの分割に、新しくオブジェクトを追加してくれるブレンダー標準搭載のアドオンですが、どのように使ってどんな事が出来るのか記事にしました。

Object Caverアドオンの追加方法と使い方

アドオンは初期状態で使う事が出来るので「Object Caver」と検索してチェックを入れます。

Difference 穴あけ

Ctrl+shift+Xを1度押すとDifferenceと表示されます。そのまま左クリックすると長方形のオレンジ枠が作られるのでモデルに穴を開ける事が出来ます。


Cut Type : Line  直線ラインで自由な形を作る

初期設定だと長方形で穴を開ける事が出来ますが、スペースキーを押す事でCut TypeをLineに変更して自由に線を描いて穴を開ける事が出来ます。穴はラインを描いて最後にスペースキーを押す事で確定され穴が開きます。

Cut Type : Circle  円で穴を開ける

スペースキーを何度か押すとCut TypeがCircleに変更され円で穴を開けれるようになります。

円の分割数はSudbivisions「W」「X」で、増やしたり減らしたりして作成する事が出来ます。


Apply Operations Qキー 穴を開けるモデルを表示

Differenceの状態で長方形を描くときに、Qキーを押す事でApply Operationsをオフにすると穴を開けたい形状のモデルが表示され後から頂点を移動して穴の形状を変える事が出来ます。またこの時表示される形状をベベルする事も可能です。


Cursor Depth カーソルの位置まで穴を開ける

Dキーを押す事でカーソルのある場所までしか穴を開けない様にする事が出来ます。奥まで貫通して穴を開けたくない時に使えます。


ReBool  分割したモデルを作る

Ctrl+shift+Xを押してDifference表示になっている状態でshiftキーを押すとReBoolに切り替わります。その状態でカットすると分割したモデルを作る事が出来ます。

Create モデルを作る

Ctrl+shift+Xを押した後にCキーを押すとCreateモードになりモデルを作成する事が可能になります。

Altキー 形状サイズを変更出来る

マウスで長方形のサイズ等を作る時にAltキーを押す事でサイズを変更する事が出来ます。


何個もパーツを配置して複雑な形状を作る事も出来ます。BoxCutterfluentなどブレンダーでモデリングする時に便利なアドオンは色々とありますが、Object Caverは無料で使えるので触ってみてはどうでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + 17 =