アンリアルエンジン

Interior Environments for Gamesアンリアルエンジン、Maya、Megascan等を使いAAAゲームに出てくるクオリティの背景シーンを作るチュートリアル動画がWingfoxで販売開始!

Interior Environments for Games with Unreal Engine

世界中のチュートリアル動画を販売しているWingfoxのサイトで、Maya、Zbrush、サブスタンスペインター、サブスタンスデザイナー、フォトショップ、Megascan、Quixel Mixer、Marmoset Toolbag3を使いAAAゲームスタジオで培ってきた技術を使い、リアルタイムで動く背景シーンをアンリアルエンジン4.27で作成するチュートリアル動画が公開されました。

教えてくれるのは背景アーティストとしてBlue Sirius STudio LLCで働くMICHAM MOHAMED OUDNIさん。動画は合計39時間の大ボリュームで定価149ドルしますが今だけ79ドルで、さらにクーポンコード「LL25」を入力する事で25%引きで購入する事が可能になります。動画を購入するとリファレンスに、プロップのFBXにテクスチャー等をダウンロードする事が出来ます。

どんな内容なのか事前に知りたい人は無料アカウントを作成してログインすると最初のチャプター1のリファレンスの収集と計画と、チャプター2のブロックアウトを作成する動画を視聴する事が出来ます。

最終的な完成画像と素材は以下となっています。UE4でAAAゲームに出てくるようなリアルな背景シーンを1から効率的に作る方法を学びたい人は参考にしてみてください。

1.アイディアを収集してプロジェクトの計画方法を説明します。そしてMayaとUE4を使用してスケールの比率などを考えながら、ストーリー性のあるブロックモデルを作成します。

2.サブスタンスデザイナーとペインターを使い、細かなデティールのあるタイリングテクスチャを作成してToolbagに入れて結果を確認します。

3.リファレンスを用意してハイクオリティなゲームで使用出来るプロップの作成方法を学びます。

4.リアルな葉をZbrushにサブスタンスペインター、marmoset toolbagを使用して作成、ベイク処理をして、UE4に読み込みマテリアルを設定して最終的な見た目を合わせる方法を学びます。

5.作成したモデルを配置しながら全体が作れたら、照明、デカールを追加、Megacsanから素材を追加したり、ポストプロセスを設定して最終的な完成を目指します。


その他にもWingfoxのサイトでは様々なチュートリアル動画が販売されているので参考にしてみてください。

【3DCG】 SFキャラクターモデリングワークフロー

日本人講師の重田良亮さんがキャラクターモデリング方法を教えてくれるチュートリアル動画はクーポンコード「LL25」を入力する事で25%引きで購入出来ます

Houdini Tutorial Procedural Japanese Castle in Unreal Engine 4

UE4とHoudiniを使いプロシージャルに日本のお城を作るチュートリアル動画もクーポンコード「LL25」を入力する事で25%引きで購入出来ます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

three + 4 =