MAYA

ピクサー映画に出てきそうなキャラクターを1からMAYAでモデリングしてMudboxでテクスチャを描くチュートリアル動画。

ピクサー映画に出てきそうなキャラクターをモデリングする動画がアップされていました。全て早送りされておらず1から手順を追って見ることができます。今回の動画ではモデリング、UV展開、Mudboxの使い方が学べます。

顔のモデルを作成

正面と横面のイラストを参考にして

全体的に分割して調整するのではなく、一気に作り上げていってます。

1時間ちょっとであっという間に顔の完成です。

顔のモデルを作成

顔のモデルを色々な角度から見て確認しています。

体を作る

上着やズボンをモデリングしています。

シンプルながらトポロジーが綺麗ですね。

Mudboxを使いベルトのバックルパーツを作っています

UV展開してMUDBOXを使い肌の質感をつけていきます

顔のUV展開をして

Mud boxで肌の質感をつけています

書き出したテクスチャをmayaに貼り付けた画像です。

MudBOXを使い洋服にテクスチャをつけます。

MUDBOXを使い洋服のUVを展開してテクスチャーを作っていますが、動画はここで終了で完成形を見ることはできませんでしたが、すべて早送りされておらずとても見やすい内容の動画でした。

3DCGを始める人でもピクサー映画に憧れて始める人がおおいんじゃないでしょうか。そんな人におすすめの1冊がこちらです。

スポンサードリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。