全部見たけど見応えたっぷりでした!STAND BY MEドラえもんのメイキング映像4時間!

20141222_autodesk_standbyme_01

Autodesk Experets オートデスク ウェビナー

Autodeskサイトより2015年の3月31日まで登録した人だけ限定で見れる(誰でも登録すれば見れる)白組製作によるSTAND BY MEドラえもんのメイキング映像が公開されてます!海外のCG映像だと作ってる過程を説明してくれてるのとかありますが、日本の映像で説明してくれてるのってあまり見かけませんが、これは

キャラクター&プロップデザイン編~2時間!
キャラクタセットアップ・ミニチュア制作・カットシーン紹介編~2時間!

合計4時間もの時間で、STAND BY MEドラえもんがどのように作られたのか、監督と白組のアートディレクターとスーパーバイザーの方が、実際に使ったモデルを写しながら説明してくれる映像となってて、劇場へ足を運んだ僕としては、そんな事も話していいの?!という裏側情報まで色々と説明説明しくれました。

具体的には、

各キャラの初めのコンセプトデザインから完成したキャラまでの道のり、
製作当初のドラえもんを実はどう作って行こうとしてたとか、
のび太の家の周りにある住宅は実はコピペだらけだったり、
未来の建物も沢山ある様にみせて、実はコピペだらけだったり、
ミニチュアと3DCGが合成されてるシーンが多数あったり、
ドラえもんのリグ周り、カメラから隠れてる場所がじつはあんな事になってたりと、

お金をだしてCGworldを買ってドラえもん特集見るより、断然無料で見れるこちらの方が内容が濃くなってました!苦労も沢山あったと思いますが、作ってる皆さんも非常に楽しそうにお話をしてるので、楽しく見る事が出来ます!

特に印象的だったのが、絵コンテも描いて、CGの技術についても一緒に語ってた八木監督。

僕の想像してた監督というのは、「CGの事は知らないけどこんな感じにしたいから頑張って作ってね!後はよろしく!」というイメージだったのが、製作者と一体となって、技術的な部分にも入り込んだ話をしてたのが印象的で、皆で1つの作品を楽しく作っているのが白組さんという会社だった事が分かり、だから面白い作品が作れるのね!というのも納得しました。

業界では有名な白組さんで働きたいと思ってる方もこちらの動画を見ると、どんな方が働いてるのか少しは分かるかと思いますよ!

STAND BY ME ドラえもん

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする