MAYA

smartPolyBridge Mayaで異なるエッジ数でも自動的にエッジを整理してブリッジが出来る無料ツール

smartPolyBridge v1.01 for Maya

smartPolyBridgeはMayaで異なるエッジ数でも2つのエッジ数を自動的に整理してブリッジしてくれる無料ツールです。実際に使ってみましたがエッジを選んでツールを走らせるだけで直ぐに使う事が出来ました。Gumroadから無料ダウンロードして使う事が出来ます。

例えば明らかにエッジ数が違うモデルを2つ用意しました。外側のモデルのエッジ数は40です。


そして内側のモデルのエッジ数は78です。


エッジの数が違う場合は通常、普通にブリッジしようとするとエラーが出てブリッジ出来ません。


しかしsmartPolyBridgeを使うとエッジが繋がりブリッジしました。今回用意したモデルでは外側のエッジ数はそのままですが、内側のエッジが整理されて同じ40エッジになっていました。また最初の画像とツールを起動した時のモデルを比較してもエッジが綺麗に整理されているので形状があまり破綻していないのが確認できました。


改めて作成されたデータを確認してみると、外側のエッジは最初と同じ40エッジですが、

内側のエッジ数は78あったのが40と外側のエッジ数と同じに整理されています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

11 − 4 =