3DCGソフト

cinema4D S26に新しく追加されたZRemesher機能で四角形に自動リトポしてくれるようになりました


cinema4d 新機能モデリング

cinema4D S26がリリースされましたが、今回の目玉アップデートとしてはMaxon傘下にZbrushが入ったのでREMESH機能にZRemesherがジェネレーターとして使用出来るようになったので、プロシージャルにモデルを四角形に変更する事が可能になりました。

エッジ部分を指定する事でハードエッジに指定したり、スプラインを指定する事でトポロジーの流れを制御したり、ZRemesherを使用した時に対称軸にチェックを入れる事で左右対称に綺麗なモデルを作る事が可能です。

プロシージャルにZRemesherを使用出来るのでモデルを複数用意してジェネレーターからbooleanを使用してからChamferでエッジを面取りしてSubdivisionを追加しても、後からモデルの位置を調整したりZRemesherで分割数を変更したりする事も出来ます。

ジェネレーターを駆使して非破壊にモデリングが可能なCinema4DだからZRemesherが使えるようになる事で今まで以上にモデリング作業が効率的になります。

その他にもモデリング効率が上がる便利な機能としてエッジをスムース機能や、エッジを直線化、円形化、ブリッジで滑らかに形状を繋げる機能、複数のエッジを一度にブリッジ、ポリゴンの穴を閉じる機能にグリッドが追加、エッジフロー、プロシージャルに選択したポリゴンに対して登録されてるジオメトリモディファイアの使用等が追加されています。

詳しくは下記動画を参考にしてみてください。

cinema4D S26を使って実際にモデルを作る工程を見せてくれている動画です。ジェネレーターとして重ねれるので形状をいつでも変更可能な事が分かります。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven − 9 =