パソコンの寿命は5年?パソコンが遅いからと言って新しいパソコンを買うのは勿体無い。

Pocket

最近新しいゲームやソフトを買ったのになんだか動作がもたつくんだよね。パソコンの寿命は大体5年ぐらいと言われてるから新しいのをそろそろ買おうかな…と思っている方。ちょっと待って。

僕は2013年の12月にドスパラで購入して5年目に突入するパソコン”レイトレック LT K2000″を使っています。学生時代はモデリングにテクスチャを作りレンダリングをした作品を作っていたんですが、サブスタンスペインターなどのテクスチャ作成ソフトに加え僕がどハマりしたFPSゲームPUBGをプレイしてみたら遅くて低スペックでしか操作が出来ずに低スペックにするとアンチエイリアシング(ジャギジャギ)が酷くて敵を倒せないのです..。あれれ?やはりオンラインで大人数の人とプレイするには昔のパソコンでは遅くて最新鋭のパソコンを買わないとダメなのかなと思っていた所、一緒にプレイしたいI君に聞いてみたら

 

I君「グラフィクカードは何を使ってるの?」

 

僕「QuadroK2000だよ。」

 

I君「だからだよ。GeforceのGTX1060を買ったらサクサクになるはずだよ!」

 

僕「え?!でも高いんじゃないの?」

 

I君「確かに値段はちょっとするけど、新しいパソコンを買うより断然安いから試しに買ったらいいよ」と教えてもらったのを見たら、

 

 

僕「試しにっていう値段じゃないぞ…^^;」と思いながらもパソコンを自作できるほど知識のあるI君に勧められたのでアマゾンでポチって購入

 

翌日に到着したので

早速つけたら、

 

めっちゃサクサクやないか!!

 

思えば仕事でもリアルタイム案件をやっていた時はQuadroだと何度もソフトが落ちたりバグって挙動が不安定になっていが、Geforceにした途端ソフトが落ちる事が一切なくなりサクサクの動作になった事がありましたが、まさにそれと一緒!

ドスパラPCはその都度パーツを交換すればずっと使える!

自分でカスタマイズできるデスクトップパソコンは最初こそ値段が高いと思いますがその都度必要なパーツを付属させればグレードアップして使い続ける事ができる利点があるんですね。

勢い余って新しいパソコンを買わなくてよかった^^;

Ray trek  LT K2000当時のパソコンの性能

当時はこれでも最新PCだったんですよ…。それがグラフィックカードをいれるとここまで性能がよくなるとは。

Raytrek LT K2000の性能(現在は新しいのが発売されてます)
CPU Core i7 4790
グラフィックス NVIDIA Quadro K2000
メモリー 16GB
ストレージ 250GB SSD
光学ドライブ DVD±R/±RW/RAM/±RDL
通信機能 LAN

 

カードを入れた変えた後のベンチマーク結果はどれも高い。

OpenGLは104.03fps、CPU 640cbとかなり高い数値を叩き出しましたが、MAYAに、Modo、サブスタンスペインターに、マーベラスデザイナーも問題なく動作しており、フリーで請け負った仕事もこのパソコンでやっていました。

PUBGも高グラフィックでサクサク動作

PUBGも全てのグラフィックを高設定にしても80~90前後と常に高い位置をキープしてサクサクプレイできるようになりました。やっとアンチエイリアスが効いて敵がどこにいるか見やすくなりましたよ。

性能の求められるFF15のベンチマークもクリア!

PS4よりも美しい映像でプレイできるパソコン版FF15も標準品質は6546で快適にプレイできます。

さすがに無理かなと思った高品質も4447というスコアで”普通”という数値で問題なくプレイできる結果となりましたが、これがQuadroだったら相当ガタガタだったでしょう…。まだグラフィックカードが家に残ってるので今度差し込んで数値を図り直してみようかなと思います。

古いパソコンでもグラフィックカードはGeforceを入れれば蘇る!

今回の結論から、古いパソコンでもグラフィックカードを交換すればパソコンが蘇るという事を覚えておいてください。

今新しくデスクトップパソコンを買ってもまた数年先に、数万円のグラフィックカードを差し替えるだけでもまだ使い続ける事が出来るので、ドスパラでパソコンを買えばお得に長く使う事が出来るんですよというお話でした。

ちなみに、これから3DCGの勉強やゲームをやる為にパソコンを買おうと思ってる人はこちらの記事を読んでみてください。

合わせて読みたい
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。