パソコンのこと

60万円高額ドスパラ パソコンGALLERIA ZZ-SLIで3DCGは快適なのか?実機レビュー

 

グラフィックカードRTX2080Tiを2枚搭載して60万円もするドスパラ史上1番値段の高いGALLERIA ZZ-SLIを使って実機動作をレビューしてみました。GPU性能を贅沢に使いたい人にはうってつけのパソコンですが、正直ここまでのパソコンはお金によほどの余裕がある人です。CPUレンダリングでは27万円で購入出来るGALLERIA ZZの方が性能が良かったですよ。

こんな人にオススメ!

お金に余裕がありゲームも爆速で、3DCGもGPUレンダリングで高速に終わらせたい人向け!

GALLERIA ZZ-SLIの目次

 

 

ガレリアZZ-SLIのデザイン

 

とにかくでかい!SF映画にでも出てきそうなケースデザインはドスパラ史上1番大きなサイズです!

 

 

クリアパネルが搭載されており、

 

 

パソコンを起動した時に色々なパーツが光るのを見れるようになっています。

 

右面

 

上面にはいくつもの窪みがあり熱の逃げ道になっていますが、

 

 

SSDやHDDを外からいつでも接続できるポートがついています。

 

 

外付けHDDを置くのにも窪みがあって使いやすいです。これは良いですね。

 

パソコンの端子

 

正面端子にはSDカードスロット、電源、USB2.0x2 マイク入力、イヤホン出力、USB3.0x2、ファン制御ボタンを押す事で、静音モードと、ターボモードを使い分ける事ができます。

 

 

背面端子

 

 

PS/2、USB2.0x2、USB3.1、Type C、Displayport、HDMI、USB3.1×2、LAN、USB3.1×2、オーディオ入出力(HDMIとDisplay portはグラフィックカードが搭載されているので使用不可)

 

 

現在発売されているモニターはどれも接続する事ができるコネクタがついています。USB Type-C、Display port、HDMI、display port

 

GALLERIA ZZ-SLIの中身

 

後ろのネジを2つ指で回す事で簡単にパネルを開ける事ができます。

 

 

中身を開けるとケースが大きいだけあり広々しています。

 

 

SSDやHDDをセット出来る場所は合計12スロットありますが、初期状態で500GB SSD と3TB HDDが入っているので、10個増やす事ができます。

 

 

静音まんぞくパックコースと書かれていますが、価格.comでもパソコンの音が静かになると好評な虎徹 MarkII SCKTT-2000が搭載されています。

 

 

グラフィックカードはASUS RTX 2080Tiが2枚装着。

 

 

メモリは16GBが2枚装着されていますが、残り2枚増設して64GBにする事ができます。

 

 

電源はCorsairのRM1000xが搭載。

 

 

GALLERIA ZZ-SLIのセット内容

マウスとキーボードはオプションで追加する事が出来ます。


パソコンの性能

 

GALLERIA ZZ-SLIの性能
CPUCore i9-9900K
グラフィックスGeForce RTX2080 TI 11GB (SLI接続)
メモリー32GB
ストレージ500GB SSD /3TB HDD
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
通信機能LAN

何不自由ありません!そのまま使える高スペックマシンです!

実際にMAYA、ブレンダー、サブスタンスペインター、マーベラスデザイナーを操作してみました。

 

僕が作ったデータを元に実際にarnoldでのレンダリング速度です。
MAYA arnold 1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫 2kサイズx50枚

 

 

MAYA アーノルドでのレンダリング時間は44:34秒と出ました。

 

 

過去に使ったレンダリング速度の一覧表を見てみると、CPUが9900Kと同じものを搭載しているのに1位のGALLERIA ZZより遅い結果となってます。

 

 

サブスタンスペインターは動作をして

 

 

マーベラースデザイナーも動作確認済みです。サクサク動きます。

 

 

アンリアルエンジンも動作確認済みで問題なく動きました。リアルタイムはさすがに動きにもたつきがありません。

 

 

V-rayのベンチマークを起動しましたが、CPUだと1:18秒、GPUだと00:27秒という速さです。

 

 

CINEBENCHはOpenGLが124.92fpsでCPUは1762cbです。

 

 

ブレンダー公式サイトで配布されているBMWをレンダリングしてみたら4分7秒

 

 

ゲームのベンチマーク結果

 

ドラクエ10のベンチマークは最高品質ですごく快適のスコアが22419

 

 

FF15のベンチマークは標準品質の1920×1080で、スコアが非常に快適の15969

 

 

高品質の3840×2160だとスコアが5616のやや快適と表示。28万円で購入出来るGALLERIA ZZより数値が下がっています。

 

 

ウルトラ設定のPUBGはFPS数値が180〜200FPSをキープというすさまじい数値。さすがグラフィックカード2枚挿しの効果です。

 

 

VRがしっかり動くか計測するベンチマークソフトもレディ最高数値でしっかり動作する事が確認できました。

 

 

GALLERIA ZZ-SLIの評価

 

公式サイト GALLERIA ZZ-SLI

 

60万円のパソコンより28万円のパソコンで十分!

 

RTX2080Ti2枚挿しなので値段が高いのも納得ですが、GPUをフルに使う事をしないのであれば半分の値段で買えるGALLERIA ZZで十分です。

 

28万円と60万円のパソコンを比較

 

GALLERIA ZZGALLERIA ZZ-SLI
レビュー記事はこちら今回使ったパソコン
値段279,980円 セール価格599,980円
MAYA レンダリング速度37:26秒44:34秒
ドラクエ10ベンチマーク高品質スコア22431スコア22419
FF15ベンチマーク 高品質スコア 5887スコア 5616
PUBG 画質ウルトラ FPS数値160〜180180〜200
CPU性能i7-9900Ki7-9900K
メモリ16GB32GB
グラフィックカードRTX2080 TiRTX2080 Ti x2

 

実際に2つのパソコンを比較してみるとGPUを使ってのV-rayでのベンチマークはとても速くなりましたが、ゲームのベンチマーク速度を測ってもプレイするソフトによってそこまでの変化がありません。

2倍の値段を払ってパソコンを買うだけの利点が正直そこまであるようには思わないので、個人的には28万円で購入出来るGALLERIA ZZを買った方がお得に思います。GALLERIA ZZを使った時のレビュー記事はこちらに書いています。

もちろんGPUを使ってアーノルドのレンダリングをすれば速くなると思うので、今後はそちらの速度も検証していきたいと思っています。

 

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^

これを買えば問題ない!これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンをドスパラの説明会で詳しく聞いてきましたよ^^


ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

消費税が増税される前に買い替えチャンス!

ドスパラ公式サイト windows10PC増税迫る!

2019年10月から消費税が増税されます。消費税8%の時は20万円のパソコンが税込21万6千円で購入できたのに10%になると22万円になり4000円も跳ね上がります!値段の高いパソコンは早めに購入した絶対にお得です!

サマーセール2019開催中!

ドスパラ公式サイト サマーセール

年に1度のサマーセールが2019年8月29日まで開催されています!お得なPCが販売されているので是非特設ページよりチェックしてみてください。

36回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大36回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品36回まで分割手数料無料キャンペーが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度がやっているので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表

ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分からなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。