パソコンのこと

マウスコンピューター DAIV Z7-QR4 26万円パソコン 実機レビュー

 

マウスコンピューターさんよりDAIV Z7-QR4をお借りしたのでレビュー記事を書きました。グラフィックカードはQuadro RTX4000に加えて2020年5月に発売した最新CPU Core i7 10700Kが搭載されているパソコンはCGやゲームを1ランク上に楽しみたい人におすすめ出来る性能ですが、過去に使った14万円台と20万台のパソコンと比べると、20万台のパソコンでも十分性能的に良かったので最後まで読んでみてください。

 

機種名DAIV Z7-QR4
CPUCore i7 10700K
グラフィックスNVIDIA Quadro RTX4000
メモリー16GB
ストレージ512GB SSD
値段269,800〜 (詳しくは公式HPを確認してください)

 

DAIV Z7-QR4のセット内容

 

 

  • パソコン本体
  • 電源
  • 説明書
  • モニター変換器x3

 

モニターの変換器が3種類ついてくる

 

 

モニターとパソコンを繋げる変換ケーブルが3種類ついてくるので、どんなモニターを持っていても繋げる事が可能です。

USB-TypeC ー  displayport
displayport ー HDMI
displayport ー  DVI

DAIV Z7-QR4のデザイン

 

 

ボディは黒一色でどんな場所にも配置しやすいデザインですが、運びやすいように正面上には取ってが付けられていて、下面にはローラーが付いているので力の無い人でも簡単に場所替えをする事ができます。

 

画像クリック拡大します
左面 パンチングで内部を冷却右面 光に当たるとDAIV文字が現れます

 

斜め上から見た本体のデザイン

 

画像クリック拡大します

 

正面・後ろの端子

 

パソコン正面には電源、USB3.0x2、オーディオ入出力があります。

 

 

背面にはUSB3.1×4、USB TypeCx1、LANx1、オーディオ入出力x1、Display portx3、USB typeCx1、電源x1、があります。

 

DAIV Z7-QR4のパーツ構成と性能

DAIV Z7-QR4の性能
CPUCore i7 10700K
グラフィックスNVIDIA Quadro RTX4000
メモリー16GB
ストレージ512GB SSD
通信機能LANポートx1

 

CPU性能

 

CPUには3.8Ghz、8コア16スレッドのCore i7-10700Kが搭載されています。性能的にはCorei9-9900Kより少し上となっていますがハイスペックパソコンを今から買うなら10コア搭載のCorei9-10900K以上を使ったほうが性能の良さを体感出来ると思います。

 

型番コア数(スレッド数)性能
Core i9-10980XE18(36)
6830
Core i9-10900X10(20)
4630
Core i9-10900K10(20)
4820
Core i7-10700K8(16)
3960
Core i9-9900K8(16)
3770
Core i9-99008(16)
3450
Core i7-9700K8
(8)
2930
Core i7-97008
(8)
2740

 

グラフィックカードの性能

 

ゲームを快適に動作したり、アンリアルエンジンやUNITYなどのソフトを快適に操作するのに使うグラフィックカードはNVIDIAのQuadro RTX4000が搭載されています。

Quadroは描画に強くて安定してCGソフトを操作出来ると言われていますがその反面ゲームやリアルタイム系ソフトを動かすのが苦手としていますが、CG操作も問題なくゲームのFPS数値もGeforceに負けを取らない数値を出して快適にプレイする事ができました。

 

メモリ

 

アプリケーションを立ち上げて操作するのに必要なのがメモリですが、これが多く積まれていると複数のアプリを立ち上げて色々な事を同時に操作する事が可能になります。特にCG系のソフトで作業する時はMAYAにフォトショップにサブスタンスペインターを起動しながら作業する事がありますがそんな場合は16GBではなく32GBあるとより安定してソフトが落ちずに作業する事が出来ます。

 

ストレージの容量 データ起動/保存

 

ストレージにはSSDが512GB入っています。量が多そうに見えますが512GBとはsteamで現在発売している少し重ためのゲームを1つインストールするだけで40GB程使ってしまうのであっという間に無くなってしまう容量ですが、足りなくなったら後から知識の無い人でも簡単に増設出来るので問題ありません。

 

パソコンの動作音

 

 

パソコン起動中は何もしないと45db前後で少し音がするぐらいでしたが、レンダリングやゲームをすると一気に音が大きくなりVrayベンチマークを起動した状態で音を測定すると室外機のエアコンの騒音よりも大きくなり一時的に57dbまで大きくなりました。負荷をかけて重たい処理をするとかなり音が大きくなります。

 

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

 

 

MAYA arnoldのレンダリング速度

 

mayaのarnoldを使って自作したサンプルモデルを例にレンダリング速度を計測してみました。

使用ソフトMAYA arnold
レンダリングサイズ1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫2kサイズx50枚

 

レンダリング時間は34:24秒でした

 

 

過去に使ったデスクトップPC一覧表と比べると3位に入るレンダリング速度の速さです。Ryzen搭載モデルが上位を占める中intelCPUも頑張っていますが、今はコスパを考えるとやっぱりRyzenのほうが人気ですね。

 

 

blenderのレンダリング速度

 

blenderでサンプルモデルのAgent327Barbershopをレンダリングしてみましたが、CPUレンダリングは12分台でGPUレンダリングは15分台とかなり早い事が分かりました。

 

 

blenderを使ったレンダリング速度
CPUレンダリング/12分53秒GPUレンダリング/15分01秒

 

サブスタンス ペインターやマーベラスデザイナーも動作確認済み

 

テクスチャペイントソフトのサブスタンス ペインターに、洋服を作ったり出来るマーベラスデザイナーは問題なく動作確認できました。

 

V-rayのベンチマーク数値

 

CPU01:23
GPU01:01

 

CINEBENCH R15のベンチマーク数値

OpenGL168.86fps
CPU1737cb

 

CINEBENCH R20のベンチマーク数値

 

CPU4129pts

 

フォトショップの処理能力

 

ぼかし放射状

フォトショップCCを使って6000x4000pxの写真にぼかしの放射状を最高画質で適用すると約11:05秒でした。


使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

ゲームのベンチマーク結果  / 軽いゲーム

 

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークは最高品質ですごく快適のスコアが20343と快適に操作出来る事が分かります。

ドラゴンクエストⅩベンチマーク20343

 

ゲームのベンチマーク結果  / 中程度のゲーム

 

中程度の処理能力を要求されるモンスターハンターも常時60FPSが表示されて快適にプレイする事ができました。

 

モンスターハンターワールド60FPS

 

フォートナイトのグラフィックは最高設定でも常時100FPS前後が表示されて快適にプレイできました。

 

フォートナイト100FPS〜

 

ゲームのベンチマーク結果  / 重たいゲーム

 

高画質で重たい処理のFF15のベンチマークは最高設定の「高品質」「4Kサイズ」でベンチマークを測定してみるとスコアが3455でカクカクせずに普通にプレイする事が可能です。ベンチマーク最中もヌルヌル動いていました。

FF15ベンチマークスコア 3455

 

オンラインで対戦できるFPSゲームPlayerUnknown’s Battlegroundsはグラフィック数値を全てウルトラにすると100FPS前後で快適に動作する事が可能です。

 

PUBG100〜FPS

 

今現在プレイしているGTA5のグラフィックをすべて最高設定にしベンチマークを測っても常時FPS数値が60前後で快適に表示されました。

 

 

ちょっとした時間に1ミッションプレイ出来るので楽しめていますが、2013年似発売したゲームなのにPS5並のクオリティで内容も濃くて楽しいです。今更ハマっています。

 

GTA5ベンチマーク60〜FPS

 

DAIV Z7-QR4の評価

 

 

マウスコンピューター DAIV Z7-QR4

今回使ったパソコンの性能は不具合がなくレンダリング速度も早くて十分仕事にもハイエンドゲームを遊ぶ事にも使う事がで出来る事が分かりました。

ただ、過去に借りた14万円と20万円台のパソコンと比較すると、26万円も払わなくても20万円台のDAIV A9でも十分な事が分かりました。比較した表をまずは見てください。

 

パソコンの名前DAIV Z7DAIV A9DAIV Z7-QR4
デザイン
レビュー記事はこちらレビュー記事はこちら今回使ったパソコン
値段(詳しくは公式サイト参照)149,800円204,800円269,800円
MAYA レンダリング時間64:02秒39:04秒34:24秒
ドラクエ10ベンチマーク高品質101472174920343
FF15ベンチマーク 高品質310038853455
PUBG 画質ウルトラ FPS数値100〜FPS130~150FPS100〜FPS
メモリ16GB32GB16GB
ストレージ2TB HDD / 256 SSD1TB SSD500GB SSD
CPUCorei7-9700Ryzen 7 3700XCore i7 10700K
グラフィックカードAMD Radeon RX5700RTX2070 SUPERQuadro RTX4000

 

CPU性能が良いのでレンダリング速度こそ数秒早いですが誤差の範囲です。メモリやストレージ容量も過去に触った20万円台のDAIV A9の方が多く搭載されていて、ゲームのFPS数値を比べてもRTX2070SUPERが入っているA9の方が上です。

アンリアルエンジンなどのリアルタイムソフトを使う上でも安定してサクサク使えます。

3D操作に安定しているのはQuadroと言われていましたが、今はコスパの良いGeforceでも十分安定して使う事ができるので、値段の安いDAI A9を購入したほうが性能が良くてお得にパソコンを手に入れる事ができます。

DAIV A9については過去に操作したレビュー記事をこちらに書いてるので合わせて読んでみてください。

2020年9月9日まで期間限定セール開催中!

マウスコンピューターの期間限定セール
icon
icon

マウスコンピューターでは2020年9月9日まで最大70,000円オフの期間限定セールが開催されています。厳選された人気モデルを期間限定にお得な価格になっています。

お得に欲しかったパソコンが販売されているかもしれないのでぜひチェックしてみてください。

最大36回払い金利手数料無料


最大36回まで 金利手数料 0円!
icon

マウスコンピューターでは全てのパソコンを金利手数料無料でパソコンを分割払いする事が出来ます。

例えば10万円のパソコンを購入するなら、購入してから毎月1万円ずつ10回に別けてお金を払う事で直ぐに最新パソコンを使う事ができるお得なキャンペーン。しかも金利が0円なので利子が一切かかりません。

 

マウスコンピューターは365日24時間電話サポート対応

マウスコンピューター 電話サポートページ

マウスコンピューターではパソコンの不具合など365日24時間電話対応してくれるので「パソコンを初めて買うから不安….」と思っている人でも追加費用なく安心して購入する事が出来ます。

公式サイトのお問い合わせページでは現在の混み具合をリアルタイムで確認する事もできるので無駄に電話してストレスを増やす事もありません。

グラフを見ると夜の12時以降が比較的空いているのが分かります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。