10万円台〜

マウスコンピューター DAIV Z7 実機レビュー

 

マウスコンピューターさんよりクリエイターパソコンとして現在売れている人気機種の1つDAIV Z7をお借りしたので実機レビューをしてみました。

CPUには8コアのインテルCorei7-9700にグラフィックカードは2019年発売したAMD Radeon RX5700が搭載されていてゲームのFPS数値などはしっかり出てくれて満足する事が出来ました。

しかしMayaのビューポートがしっかり表示されなかったりBlenderが起動出来なかったりといくつか気になる点もありました。

 

今回借りたのはこちらのパソコンです。

 

機種名DAIV Z7
CPUCorei7-9700
グラフィックスAMD Radeon RX5700
メモリー16GB
ストレージ2TB HDD / 256GB SSD
値段149,800〜 (詳しくは公式HPを確認してください)

 

DAIV Z7のセット内容

 

  • パソコン本体
  • 電源
  • 説明書

 

DAIV Z7のデザイン

 

黒一色でどんな部屋にも合わせやすいシンプルなデザインです。
後ろ足にはローラーが付けられているので、力の無い人でも簡単に重たいパソコンを運ぶ事が出来ます。

 

 

左面にはパソコン内部の熱を逃げやすくするためにパンチングが開けられていて、右面にはブランドロゴの「DAIV」の文字が描かれています。

 

画像クリック拡大します
左面右面

 

斜め上から見た本体のデザイン

 

画像クリック拡大します

 

正面・後ろの端子

 

パソコン正面には電源、USB3.0x2、オーディオ入出力があります。

 

 

背面にはUSB3.1×4、LANx1、USB3.1X1、USB TypeCx1、オーディオ入出力x1、HDMIx1、Display portx3、電源x1、があります。

 

DAIV Z7のパーツ構成と性能

DAIV Z7の性能
CPUCorei7-9700
グラフィックスAMD Radeon RX5700
メモリー16GB
ストレージ2TB HDD / 256GB SSD
通信機能LANポートx1

 

CPU性能

 

CPUは8コアのCorei7-9700を搭載しています。CPU性能を比較すると下から2番めの速度ですが、値段が安くて比較的性能が良いCPUです。

 

型番コア数(スレッド数)性能搭載パソコン
Core i9-10980XE18(36)
3079
Core i9-10900X10(20)
2082
Core i9-10900K10(20)
2096
Core i9-9900K8(16)
1828
GALLERIA ZZ i9-9900K
Core i9-99008(16)
1680
Core i7-10700K8(16)
1765
Core i7-9700K8
(8)
1416
GALLERIA ZV
Core i7-9700-F8
(8)
1096
Core i5-9400F6
(6)
1086
GALLERIA DF

 

グラフィックカードの性能

 

グラフィックカードはAMD Radeon RX5700が搭載されています。

GRTX2060と同じぐらいの性能を発揮してくれるFPS数値をマークしてくれました。

 

メモリの搭載数値

 

メモリは8GBが2枚搭載されていますが、残り2つのソケットが開いています。
パソコン購入時にポイントがもらえるので、メモリを後から増設する事でより多くのソフトを起動しながら快適に操作する事が出来ます。32GBもあれば快適に動作出来ます。

 

G.SKILL 8GBx2枚セット

ストレージの容量

 

256GBのSSDに2TBのHDDが搭載されているのでデータの保存に困る事はありません。
SSDのおかげでパソコンの起動も保存も早く処理出来ます。

 

パソコンの動作音

 

パソコン起動中は何もしないと46db前後で少し音がするぐらいでしたが、レンダリングやゲームをすると一気に音が大きくなりVrayベンチマークでは室外機のエアコンの騒音レベルの55dbまで大きくなり正直かなりうるさく感じました。今まで色々なパソコンを見てきましたがここまで音が大きいパソコンもかなり珍しいです。

 

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

 

 

実際にMAYA、blender、サブスタンスペインター、マーベラスデザイナーを操作してみました。

 

MAYA arnoldのレンダリング速度

 

mayaのarnoldを使って自作したサンプルモデルを例にレンダリング速度を計測してみました。

 

使用ソフトMAYA arnold
レンダリングサイズ1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫2kサイズx50枚

 

レンダリング時間は64:02秒と出ました。

 

maya / arnold64:02秒

 

過去に使ったデスクトップPC一覧表と比べるとCPU性能的には低いですがゲームのFPS速度は出ています。

15位GALLERIA ZF55:53秒189,980円
16位GALLERIA RH557:07秒84,445円
17位GALLERIA  ゲームマスター GX70R760:50秒274,800円
18位GALLERIA XT62:23秒129,980円
19位DAIV Z764:02秒149,800円
20位GALLERIA XZ64:23秒299,980円

 

今回モデルを読み込んでみると原因不明でプレビュー表示がしっかりされない事が起きました。これは正直CGを使う上で使い物にならないですね..。

 

blenderのレンダリング速度

 

blenderは2.82、2.83共に起動すると落ちて原因不明に動作する事が出来ませんでした…。

 

サブスタンス ペインターやマーベラスデザイナーも動作確認済み

 

テクスチャペイントソフトのサブスタンス ペインターに、洋服を作ったりシミュレーションソフトのマーベラスデザイナーも問題なく動作確認できました。

 

V-rayのベンチマーク数値

 

CPU01:53
GPU01:18

 

CINEBENCH R15のベンチマーク数値

OpenGL123.32fps
CPU1088cb

 

CINEBENCH R20のベンチマーク数値

CPU2426pts

 

フォトショップの処理能力

 

ぼかし放射状

フォトショップCCを使って6000x4000pxの写真にぼかしの放射状を最高画質で適用すると約13:64秒と表示されました。そこまで早くはありません。

使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

ゲームのベンチマーク結果  / 軽いゲーム

 

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークは最高品質ですごく快適のスコアが10147で快適に操作出来る事が分かります。

すごく快適10147

 

現在絶賛プレイ中の聖剣伝説TRIALS OF MANAをプレイすると常時120FPS前後で快適にプレイできました。

FPS数値120FPS

 

ゲームのベンチマーク結果  / 中程度のゲーム

 

中程度の処理能力を要求されるモンスターハンターも常時60FPSが表示されて快適にプレイする事ができました。

モンスターハンターワールド60FPS

 

フォートナイトのグラフィックは最高設定でも常時FPS数値が90~100前後が出ていて問題なく快適にプレイ出来ました。

フォートナイト90~100FPS

 

ゲームのベンチマーク結果  / 重たいゲーム

 

高画質で重たい処理のFF15のベンチマークは最高設定の「高品質」「4Kサイズ」でベンチマークを測定してみましたが、スコアが3100で普通にプレイ出来ました。

普通スコア 3100

 

オンラインで対戦できるFPSゲームPlayerUnknown’s Battlegroundsはグラフィック数値を全てウルトラにすると90FPS前後でプレイ出来ました。

FPS数値90FPS〜

 

GTA5のグラフィックをすべて最高設定にしベンチマークを測っても常時FPS数値が60前後で快適に表示されました。

FPS数値60〜FPS

 

オキュラスクエストをオキュラスリンクに繋げてHalf-Life:Alyxを起動してみましたが、快適に問題なく動作する事が出来ました。グラボの性能を必要とするVRゲームも問題なくプレイ出来ます。

DAIV Z7の評価

マウスコンピューター公式サイト DAIV Z7

過去に使ったパソコンと比べると、20万円台以上で購入出来る他のパソコンより数値は劣ってしまいますが、ゲームをそこそこ満足にプレイ出来るパソコンなのが分かりました。用途としては重たいCGの処理はしないけど絵を書いたりゲームをしたり趣味として使いたい人向けのパソコンです。

ただ今回、何故かBlenderやMayaのビューポート表示でしっかり表示されない事が起きたので、正直不安に思いました。また動作音はかなり大きくてかなり不快に思いました。今まで使ったことがなかったグラボAMD Radeon RX5700が引き金になっているのか個体差なのかわかりませんが、個人的にあまりオススメ出来ないと感じました。

安心してプロとして重たいCGの処理もしながら仕事にも使いたいと思っている人には過去に実機レビューしたDAIV A9以上が安心して使えるオススメ出来るモデルとなっていたので合わせて読んでみてください。

パソコンの名前DAIV Z7DAIV A9DAIV Z9
デザイン
今回使ったパソコンレビュー記事はこちらレビュー記事はこちら
値段(詳しくは公式サイト参照)149,800円204,800円244,800円
MAYA レンダリング時間64:02秒39:04秒53:00秒
ドラクエ10ベンチマーク高品質101472174923591
FF15ベンチマーク 高品質310038854210
PUBG 画質ウルトラ FPS数値100〜FPS130~150FPS150~190FPS
メモリ16GB32GB32GB
CPUCorei7-9700Ryzen 7 3700XCore i9-9900K
グラフィックカードAMD Radeon RX5700RTX2070 SUPERRTX2070 SUPER
値段別でざっくり考えると10万円~15万円は初心者〜中級者、20万円〜プロでも安心して使える性能と考えてください

2021年4月14日まで期間限定セール開催中!

マウスコンピューター新生活応援セール

マウスコンピューターでは2021年4月14日まで最大30,000円オフの期間限定セールが開催されています。厳選された人気モデルを期間限定にお得な価格になっています。

お得に欲しかったパソコンが販売されているかもしれないのでぜひチェックしてみてください。

最大36回払い金利手数料無料


最大36回まで 金利手数料 0円!
icon

マウスコンピューターでは全てのパソコンを金利手数料無料でパソコンを分割払いする事が出来ます。

例えば10万円のパソコンを購入するなら、購入してから毎月1万円ずつ10回に別けてお金を払う事で直ぐに最新パソコンを使う事ができるお得なキャンペーン。しかも金利が0円なので利子が一切かかりません。

 

マウスコンピューターは365日24時間電話サポート対応

マウスコンピューター 電話サポートページ

マウスコンピューターではパソコンの不具合など365日24時間電話対応してくれるので「パソコンを初めて買うから不安….」と思っている人でも追加費用なく安心して購入する事が出来ます。

公式サイトのお問い合わせページでは現在の混み具合をリアルタイムで確認する事もできるので無駄に電話してストレスを増やす事もありません。グラフを見ると夜の12時以降が比較的空いているのが分かるのでその時間帯に電話する事をお勧めします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。