MAYA

Maya3番キーのスムースでUVを歪まなくする方法


Mayaで3番キーを押してスムースを掛ける時に分割が少ないと通常左側のようにUVが伸びてしまいますが、右側のようにUVが伸びないように設定する方法があります。

モデルのアトリビュートのShapeの中にあるスムーズメッシュのさらに中にOpenSubdivコントロールの中にUV境界のスムージングという部分が通常だと「Maya Catmull-Clark」になっています。


Maya Catmull-Clarkの状態で3番キーでスムース状態にするとこのようにUVが伸びてしまいます。


そんな時はUV境界のスムージングからエッジとコーナーを保持に変更すると、


3番キーを押してもUVが伸びずに綺麗にテクスチャを表現する事が可能になります。


3番を押したときにUVに丸みが出ているのが無くなっているのが分かります。ただし、全てのモデルに一概にこれを適用したら良い訳ではないので注意してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。