10万円台〜

初心者向けパソコン ドスパラ7万円台のraytrek Debut実機レビュー


今回はドスパラさんよりクリエイター向けブランドのraytrekよりraytrek Debutをお借りして実際に触ってみました。何と言っても値段が税込み79,979円とraytrekで一番安いデスクトップパソコンですが、CPUには2021年3月発売された6コア12スレッドのCore i5-11400が搭載され、グラフィックカードは内蔵GPUのインテルHUDグラフィックス730が使用されています。

フォトショップ、Maya、Blender、サブスタンスペインターは問題なく動作して、特にMayaのCPUレンダリングは値段の割に速かったのが印象的でしたが、ゲームプレイに関しては内蔵GPUだけなので高画質でプレイする事は困難でした。

そこまで重たい事を要求されないイラスト制作だったりBlenderをこれから触ってみたい人向けのパソコンであって、ゲームもガッツリプレイしたいと思っている場合はもう少し性能の良いパソコンraytrek XV-Tiモデルともページ最後に比較しているのでそちらも参考にしてみてください。

今回借りたのはこちらのパソコンです

機種名raytrek Debut
CPUCore i5-11400
グラフィックスインテル UHDグラフィックス730
メモリー16GB
ストレージ500GB NVMe SSD
値段79,979 円(税込)
(詳しくは公式HPを確認してください)

raytrek Debut のデザイン


本体はマットブラックで統一されているデザインです。大きさは幅190mm、高さ360mm、奥行き420mmなのでゲーミングパソコンなどもよりも少しコンパクトなサイズなので机下に置くときにも邪魔にならないサイズです

画像クリックで拡大します

真横から見た本体のデザイン

本体左面にはパンチングが開いているので熱が逃げやすい構造になっています。

画像クリック拡大します
左面 パンチングの穴が開いています。右面

底面には白い足が4つ付いていて本体をしっかり設置出来るようになっています。

正面・後ろの端子


正面にはDVDスーパーマルチドライブ、USB3.0x2、カードリーダー、電源、オーディオ入出力が付いています。


背面にはHDMIx1、D-subx1、Display portx1、USB3.2×2、USB2.0x4、LANx1、オーディオ入出力が付いています。

raytrek Debutのパーツ構成と性能

CPU性能


CPUには2021年3月に発売された6コア12スレッド、2.6GHzで、内蔵GPUのインテル UHDグラフィックス730が入ってるCore i5-11400が搭載されています。値段が安く比較表を見ると性能はかなり下になっていますが、値段が安いのに使えるCPUとあって人気上位で売れ筋商品です。

型番コア数(スレッド数)性能
Core i9-11900K8(16)
5150
Core i7-11700K8(16)
5050
Core i9-11900KF8(16)
4960
Core i9-10900K10(20)
4820
Core i7-11700KF8(16)
4780
Core i7-11700F8(16)
4200
Core i7-10700K8(16)
3960
Core i7-10700 (F)8(16)
4200
Core i5-114006(12)
3540

>ドスパラ公式サイト CPUベンチマーク比較表

メモリの搭載数値


複数のソフトを同時に立ち上げたりする時に必要となるメモリは16GB搭載されています。ゲームをプレイするだけなら問題ありませんが、複数のソフトを立ち上げて何か作業する場合には32GBあると快適に作業する事ができますが、後から8GBのメモリを2枚追加する事で増やす事が可能です。

ストレージの容量 (データ保存)


ゲームのインストールやデータ保存に必要なSSDは500GB搭載されていますが、現在発売されているゲームは重たい物が多くてフォートナイトだと31GB必要で、キングダムハーツⅢだと65GB、GTAⅤだと98GBと大容量な物ばかりです。出来れば1TBあると余裕をもって色々と使う事が出来ます。

電源

電源は80PLUSのBRONZEが搭載されています。もっと変換効率の良い電源もありますがBRONZEが一番コスパが高くて主流の電源となっています。

パソコンの動作音


パソコンの動作音は非常に静かです。Vrayベンチマークを起動してみましたが、一瞬40dbまでいきましたがその後は平均して36db前後を行ったり来たりで多少音がするかなぐらいで作業しながら音が気になる事はありませんでした。

ちなみに一般的な生活音の大きさは以下となります。

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

MAYA arnoldのレンダリング速度

mayaのarnoldを使って自作したサンプルモデルを例にレンダリング速度を計測してみました。

使用ソフトMAYA arnold
レンダリングサイズ1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫2kサイズx50枚

レンダリング時間は38:36秒でした。


過去に使ったデスクトップPC一覧表で比べると最下位の結果ですが、7万円台のデスクトップPCなのにこれだけ使えるのはかなり頑張っていると思います。

順位レビュー記事MAYA レンダリング
1位GALLERIA UA9C-R38 第12世代Core搭載9:37秒
2位GALLERIA ZA9R-R38 5900X Windows 11 搭載12:33秒
3位GALLERIA XA7C-R37T19:00秒
4位raytrek ZQ-A400014:04秒
5位raytrek XV20:15秒
6位GALLERIA XA7R-67XT21:20秒
7位GALLERIA XA5R-67XT 5600X搭載24:33秒
8位GALLERIA XA5R-67XT 5600X Windows 11 搭載31:46秒
9位GALLERIA XA7C-R3732:32秒
10位raytrek Debut38:36秒

Blenderのレンダリング速度

BlenderでサンプルモデルのAgent327Barbershopをレンダリングしてみると、CPUレンダリングでは1時間3分で、GPUレンダリングは57分36秒でした。以前使った16万円台のパソコンraytrek XV-TiはCPUレンダリングが18分、GPUレンダリングが20分だったのでかなり遅い事が分かります。

Blenderを使ったレンダリング速度
CPUレンダリング/01:03:04秒GPUレンダリング/57:36秒

V-rayのベンチマーク数値

CPUレンダリングは01:53秒ですが、GPUレンダリングはグラフィックカード非搭載なので計測されませんでした。

CPU01:53
GPU00:00

CINEBENCH R15のベンチマーク数値

CINEBENCH R15のベンチマークはOpenGLが55.15fpsでCPUは1207cbでした。

OpenGL55.15fps
CPU1207cb

サブスタンスペインターも動作確認済み


リアルタイムペイントソフトのサブスタンスペインターはしっかり動作しました。エフェクトでペイントする機能も問題なく動きました。

フォトショップの処理能力

フォトショップを使って6000x4000pxの写真に「ぼかし放射状」を最高画質で適用すると約15.24秒で処理が完了しました。使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

過去に使用したレビューPCでは以下の速度比較となっています。CPU性能はそこまで高くありませんが、極端に遅すぎる結果になりませんでした。

CPU時間レビューPC
Ryzen 9 3900X8.55秒ガレリア ZA9R-R70S RTX2070Super搭載
Core i9-10900K9.83秒〜11.50秒GALLERIA-ZA9C-R80T
Core i7-1170010.75秒GALLERIA XA7C-R37
Core i7-1070012.48秒ガレリア  XA7C-R70S
Core i7-11700F12.70秒raytrek XV-Ti 11700F搭載モデル
Core i7-10700F12.75秒raytrek XV-C
Core i7-970013.42秒raytrek MX
Core i5-1140015.24秒 raytrek Debut
Ryzen 7 3700X16.02秒GALLERIA XA7R-67XT 3700X搭載モデル


5000pxキャンバスに大量にパスを配置してもフォトショップが落ちる事もなかったので、でイラスト作成やレタッチにも十分使える事が分かります。

ゲームのベンチマーク結果  /

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークはグラフィック設定を「最高品質」で、解像度を「1920×1080」でスタートすると、スコアが5587で快適に動作する事が出来ました。

ドラゴンクエストⅩ5587

暁月のフィナーレ – ファイナルファンタジーXIVのベンチマークを起動すると1280×720設定からさらに設定変更で画質を下げる事でスコアが4495で普通にプレイ出来る結果となりました。

暁月のフィナーレ – ファイナルファンタジーXIV4495

画質を下げてフォートナイトをプレイすると30FPS前後が表示されて、多少動きに違和感がありましたが、どうにかプレイする事が出来たという結果でした。

フォートナイト30FPS~

APEXは設定を下げてプレイするとFPS数値は常時30前後表示する事が出来ました。途中動きに違和感があったので快適にプレイする事は不可能でした。

APEX30FPS~

キャラの顔も不自然なぐらい画質設定を下げる必要がありました。


モンスターハンターライズのDEMO版を設定を下げてプレイしてみると30FPS前後でしたが動きが極端に重くならずにプレイする事が出来ました。

モンスターハンターライズDEMO版30FPS~

FF15のベンチマークは一番設定を下げても動作困難の結果でスコアが1725となりプレイする事が不可能でした。

FF151725

GTA5は設定を低くしてベンチマークを起動するとFPS数値が50前後で動作する事が可能でした。

GTA550FPS

raytrek Debutの評価


ドスパラ公式サイト raytrek Debut

値段が安くてイラストやCGを始めて見たい人向けのパソコン!

今回使ったパソコンは値段が安い分性能も低いですが、フォトショップやBlenderにMaya、サブスタンスペインターを使った動作は可能でレンダリング時間の速さを求めなければ十分使う事が出来るパソコンとなっていました。

ただ、ゲームに関しては内蔵GPUしかなくFPS数値が低くてプレイするのが不可能な物が多かったので、ゲームはほとんどプレイせずにクリエイティブな操作にだけ使いたい人に向いているパソコンとなっています。

今回のパソコンよりもBlenderやMayaのレンダリング速度は速くてゲームも快適に動作するパソコンは無いの?と思っている人の為に以前使用した16万円台のraytrek XV-Tiと比較した表を作成しました。

パソコンの名前raytrek XV-Tiraytrek Debut
デザイン
レビュー記事はこちら今回使った記事
値段(詳しくは公式サイト参照)169,980円79,979 円
Mayaレンダリング時間(CPU)28:16秒38:36秒
Blenderレンダリング時間(CPU)18:44秒01:03:04秒
フォトショップフィルター処理12.70秒15.24秒
ドラクエ10ベンチマーク高品質217885587
FF15ベンチマーク 高品質45821725
メモリ16GB16GB
ストレージ500GB SSD500GB SSD
CPUCore i7-11700FCore i5-11400
GPURTX 3060 Tiインテル UHDグラフィックス730

こちらの表を比較すると、Mayaのレンダリングは10分しか違いがありませんが、Blenderは1時間だったのが18分と約3/1になって、FF15などの性能を求められるゲームもRTX3060Tiが搭載されているおかげで高画質にサクサクに動作する事が可能となっています。

ゲームは全くしなくてレンダリング時間などは気にせずにまずはどんな事が出来るのか、エクセル作業やネットサーフィンやyoutube動画などに使いながらBlenderを触ったりイラストを描いてみたいと思っている人は今回使用したraytrek Debutがオススメですが、より本格的にゲームやCGをやりたいと思っている人にはraytrek XV-Tiがオススメとなっています。

raytrek XV-Tiを触った記事はこちらに書いているので合わせて参考にしてみてください。

あわせて読みたい
raytrek XV-Ti RTX3060Ti搭載ドスパラ16万円台パソコン実機レビュー 今回はドスパラさんよりクリエイター向けパソコンの raytrek XV-Ti 11700F搭載モデルをお借りしたので、ブレンダー、M...

ドスパラでPC購入で全員に最大10,000ポイントもらえる年に1度の大決算セールが開催!

ドスパラ大決算セール!PC購入で最大10,000ポイント!

ドスパラでは2022年8月1日まで大決算セールと題して指定のパソコンを購入してエントリーすると全員に最大10,000ポイントもらえるセールを開催しています。付与されるポイントはモニターやマウスにキーボードにヘッドホンなどドスパラで販売している全てのPCパーツ等に使用する事が出来ます。通常ドスパラポイントと別に大決算セールのポイントが入るので大変お得なキャンペーンとなっています。

キャンペーンに参加するにはPC購入後必ずこちらのページからから下記画像のエントリーページから、エントリーする必要があるので忘れないで行ってください。

ポイントの付与は2022年8月25日(木)が予定されていて、2022年11月30(水)までにポイントを使用する必要があるので注意してください。

ドスパラPCを注文してみたよ

【PC購入】ドスパラのPCを48回払いでネット通販で注文する手順を1から詳しく書きました

家のパソコンの動作が悪くなり、2019年に26万円のドスパラPCを48回払いで購入した時の記事です。ドスパラでパソコンを購入するにはどうすればいいのか分からない人は参考にしてみてください。

ドスパラPCは最短、次の日届きます!

ドスパラPC100%国内生産!最短翌日届く!

ドスパラPCは神奈川県で製造されていて、配送には「ヤマト運輸」を採用しているので「当日出荷」と記載されているパソコンは正午までの注文確定でその日に出荷可能。配送がとにかく早くて実際に2019年に購入したら直ぐに到着しました。

ドスパラPCを使って管理人が実際に作った作品

管理人がドスパラPCを使って実際に作った作品の一部です。

2013年に初めてドスパラPCを購入して使っていましたが、もっとレンダリング速度の速いパソコンが欲しくてキャッシュレス還元をやっている2019年の12月にGALLERIA ZZを購入しました。レンダリングがサクサクだと待ち時間が減ってストレス減になり作品作りもより楽しくなりました。

GALLERIA ZZを購入した記事はこちらに買いているので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
実際に30台以上のパソコンを触って比較した結果ドスパラPC 【GALLERIA ZZ】を購入 6年ぶりに新しいパソコンを購入しました。 2013年の12月にドスパラPCを当時20万円近いお金を払って購...

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^


ドスパラ店長さんに初心者におすすめの人気3DCGパソコンを聞いて来ました。

ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

48回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大48回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品48回まで分割手数料無料キャンペーンが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度があるので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表


ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分か
らなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

eight + 11 =