10万円台〜

raytrek MXドスパラで10万円台で購入出来るパソコン実機レビュー

 

今回ドスパラさんより10万円台で購入出来るパソコンraytrek MXをお借りしたので実機レビューしました。重たい処理こそ少し力不足に感じながらも、blenderも問題なく動作するしハイエンドゲームもグラフィック数値を少し下げたら快適に動作する事が出来ました。

さすがに仕事として使う分には少し物足りなさがありますが、中学生や高校生になって初めてパソコンを購入したいと思っている人に満足できるⅠ台となっていました。

 

機種名raytrek MX
CPUCorei7-9700
グラフィックスGeForce GTX1650 4GB
メモリー16GB
ストレージ1TB SSD
値段106,980円 (詳しくは公式HPを確認してください)

 

raytrek MXのデザイン

 

斜めから見たraytrek MXの全体写真です。一般的な事務用PCと同じぐらいの大きさで机下に置いておく事も出来るし、机の上に置いといても邪魔にならない大きさです。

 

画像クリック拡大します

 

左面パネルにはスリッドの間から熱が逃げれるようなデザインとなっています。

 

画像クリック拡大します
左面右面

 

正面・後ろの端子

 

正面にはUSB3.0が2つ、マイク入力、スピーカー出力、リセットボタン、電源ボタンが付いています。

 

 

背面には電源x1USB3.1×4、LANx1、オーディオ入出力x1、Displayportx1、HDMIx1、DVIx1が付いています。

 

raytrek MXのパーツ構成と性能

raytrek MXの性能
CPUCorei7-9700
グラフィックスGeForce GTX1650 4GB
メモリー16GB
ストレージ1TB SSD
通信機能LANポートx1

 

グラフィックカードの性能

 

ゲームを快適に動作したり、アンリアルエンジンやUNITYなどのソフトを快適に操作するのに大切なグラフィックカードはGTX1650が搭載されています。

さすがにハイエンドゲームやグラフィックを最高設定でプレイするとラグが発生して普通にプレイする事が出来ませんでしたが、グラフィック設定を下げるとプレイすることが出来ました。値段だけの性能といった所でしょう。

 

型番性能
RTX2080 Ti 11GB
1270
RTX2080 SUPER
1084
RTX2070 SUPER
993
RTX2080
898
 RTX2070 8GB
871
RTX2060 Super
837
RTX2060
747
GTX1650
366

>>ドスパラ公式サイト Geforce ベンチマーク比較表

CPU性能

 

CPUには2019年9月に発売された基本クロックが3.0Ghzで8コア搭載のCorei7 9700が搭載。CPU単体でも現在価格3万7千円しますが、他のCPU商品と比べると下の方の数値となっていてレンダリング速度やフォトショップのフィルタ処理が遅くなったりありますが、CG操作からゲームプレイまで大きな問題なく動作する事が出来ました。

また、CPUクーラーには静音パック満足コースのDEEP COOLが搭載されているので非常に静かでした。

 

型番コア数(スレッド数)性能
Core i9-10980XE18(36)
6830
Core i9-10900X10(20)
4630
Core i9-10900K10(20)
4820
Core i7-10700K8(16)
3960
Core i9-9900K8(16)
3770
Core i9-99008(16)
3450
Core i7-9700K8
(8)
2930
Core i7-97008
(8)
2740

 

ストレージの容量 データ起動/保存

 

アプリケーションやデータ保存には1TBのSSDが搭載されているのでパソコンの起動もデータ保存もサクサク動かす事が可能です。steamで発売している容量の多いゲームは1つダウンロードすると40GB程必要になりますが、後々足りなくなったら簡単に増設する事が可能なのでとりえあず問題ありません。

 

メモリ

 

複数のアプリケーションを立ち上げて操作したい人は16GBのメモリだとソフトが落ちる可能性がありますが、パソコンを購入した時についてくるドスパラポイントで後々16GBのメモリを追加購入して増設すれば問題ありません。

 

パソコンの動作音  非常に静か

 

今回お借りしたパソコンはとにかく静かでびっくりしました。
常時起動中でも38dbぐらいですが、V-rayのレンダリングを回しても一時的に43dbになっていますが、常時41db前後で圧倒的に静か。レンダリングを回しているのか分からないぐらい静かだったんです。

 

平常時38db〜
レンダリング中〜41db〜

 

 

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

 

blenderのレンダリング速度

 

blenderでサンプルモデルのAgent327Barbershopをレンダリングしてみましたが、CPU、GPU共にレンダリング時間はかなり遅い結果となっています。過去に使ったRyzen9 3950X搭載された30万円PCと比較すると3倍近い遅さとなっています。

 

blenderを使ったレンダリング速度
CPUレンダリング/22分44秒GPUレンダリング/19分16秒

 

サブスタンス ペインターやマーベラスデザイナーも動作確認済み

 

テクスチャペイントソフトのサブスタンス ペインターに、洋服を作ったり出来るマーベラスデザイナーは問題なく動作確認できました。

 

V-rayのベンチマーク数値

 

GPU性能は以前使ったパソコンと比較するとかなり遅い結果となりました。

 

CINEBENCH R15のベンチマーク数値

OpenGL140.44fps
CPU1441cb

 

CINEBENCH R20のベンチマーク数値

CPU3402pts

フォトショップの処理能力

 

ぼかし放射状

フォトショップCCを使って6000x4000pxの写真にぼかしの放射状を最高画質で適用すると約13:42秒でした。


使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

ゲームのベンチマーク結果  / 軽いゲーム

 

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークは最高品質ですごく快適のスコアが20906と快適に操作出来る事が分かります。

 

すごく快適20906

 

ゲームのベンチマーク結果  / 中程度のゲーム

 

中程度の処理能力を要求されるモンスターハンターも常時60FPSが表示されて快適にプレイする事ができました。

 

モンスターハンターワールド55FPS

 

ゲームのベンチマーク結果  / 重たいゲーム

 

高画質で重たい処理のFF15のベンチマークは最高設定の「高品質」「4Kサイズ」でベンチマークを測定してみるとずっとカクカク動作してプレイ不可能な状態でスコアが1458で動作困難になりました。

やや快適スコア 5749

 

ただ、標準品質にしてサイズを1920×1080サイズにすると快適に動作する事が可能になりました。

やや快適スコア 4930

 

オンラインで対戦できるFPSゲームPlayerUnknown’s Battlegroundsはグラフィック数値を全てウルトラにすると40FPS前後で快適に動作することが不可能でしたが、グラフィック設定を下げると70FPS前後が出たので快適に動作出来るようになりました。

FPS数値40〜FPS

 

GTA5のグラフィックをすべて最高設定にしベンチマークを測っても常時FPS数値が60前後で快適に表示されました。

FPS数値60〜FPS

 

raytrek MXの口コミ

 

raytrek MXを実際に購入した人の口コミはドスパラ公式サイトよりチェックできますが、総じて性能が良かったとレビュー掲載時には星4つ以上の高評価パソコンとなっています。

 

商品到着まで2日の驚きの速さ。商品のコスパも良い。

納期も早く価格にも納得感がありよかった。

パソコンを新調する時はどすぱら一択。対応も含めて満足。

動画編集や生配信用に購入。コスパに見合った性能。

早い、安い、静か。

快適に動作しています。この価格帯でこのスペックならかなりいい部類。サクサクゲームをしたい人はグラボをカスタマイズで良いものにするか後で付け替える事を検討したほうが良い。

とてもフォトショップの作業が快適になりました。

 

raytrek MXの評価


ドスパラ公式サイト raytrek MX

10万円なのにこれだけ使えるパソコンは初心者にうってつけ!

レンダリング速度もゲームのFPS数値も最高数値を出せるわけではありませんが、10万円台なのにblenderでのCG操作もハイスペックゲームも画質を少し下げれば遊べるので、中学生や高校生になってお小遣いやお年玉を貯めて初めて買うパソコンにしたら良いと思えるスペックでした。

レンダリング速度を早くしたりCG中級者には物足りなさがありますが、初めての人には十分すぎる性能です。詳しく知りたい人はドスパラ公式サイトよりチェックしてみてください。

ドスパラPC購入すると全員に最大1万円分のポイントプレゼント!

新ビデオカード発売記念 最大1万円分 ポイントプレゼント

2020年10月1(木)〜10月21日(水)までドスパラで対象のGeforce搭載パソコンまたは単体のビデオカードを購入して、エントリーするだけで最大10,000円分のポイントが全員にプレゼントされます。ポイントは11月上旬に付与されますが11月29日までに使う必要があるのでその点だけ注意してください。ポイントでモニターやマウスを買ったりメモリー増設したり出来ます。1年のうちでも中々やらないお得なキャンペーンなのでパソコンを購入しようと思っていた人は今がお得です。

15万円以上のパソコン10,000ポイント
10万円以上、15万円未満のパソコン8,000ポイント
10万円未満のパソコン3,000ポイント

 

ドスパラPCを注文してみたよ

【PC購入】ドスパラのPCを48回払いでネット通販で注文する手順を1から詳しく書きました

家のパソコンの動作が悪くなり、2019年に26万円のドスパラPCを48回払いで購入した時の記事です。ドスパラでパソコンを購入するにはどうすればいいのか分からない人は参考にしてみてください。

 

ドスパラPCは最短、次の日届きます!

ドスパラPC100%国内生産!最短翌日届く!

ドスパラPCは神奈川県で製造されていて、配送には「ヤマト運輸」を採用しているので「当日出荷」と記載されているパソコンは正午までの注文確定でその日に出荷可能。配送がとにかく早くて実際に2019年に購入したら直ぐに到着しました。

 

ドスパラPCを使って管理人が実際に作った作品

管理人がドスパラPCを使って実際に作った作品の一部です。

2013年に初めてドスパラPCを購入して使っていましたが、もっとレンダリング速度の速いパソコンが欲しくてキャッシュレス還元をやっている2019年の12月にGALLERIA ZZを購入しました。レンダリングがサクサクだと待ち時間が減ってストレス減になり作品作りもより楽しくなりました。

GALLERIA ZZを購入した記事はこちらに買いているので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
実際に30台以上のパソコンを触って比較した結果ドスパラPC 【GALLERIA ZZ】を購入 6年ぶりに新しいパソコンを購入しました。 2013年の12月にドスパラPCを当時20万円近いお金を払って購...

 

 

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^


これを買えば問題ない!これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンをドスパラの説明会で詳しく聞いてきましたよ^^

ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

48回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大48回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品48回まで分割手数料無料キャンペーンが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度があるので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

 

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表


ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分か
らなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。