10万円台〜

3DCG操作にQuadro搭載パソコンはGeforceより性能が良いのか?raytrek ZQ2実機レビュー

【2019年度版】デスクトップPCランキング


レンダリング速度、ベンチマークを計測して実際にどのパソコンがどれだけ速くて使い心地が良いのか比較したランキング表を書いていますが
2019年現在、値段と性能を合わせてオススメデスクトップパソコンはこちら上位3つとなっています!

 

 

2019年3月現在セールとして期間限定6万円引きのビッグセールとなっています!

値段に見合った性能のずば抜けて良いパソコンが欲しいならこれ!プロの使う最高機種です!2019年現在使ったパソコンの中でダントツのスペック!

1位GALLERIA ZZ i9-9900K
 使ったレビュー記事はこちら
 

値段がお手頃ながらゲームに3DCGを楽しめるパソコン!ハイスペックゲームもプレイしたいならこれ!

2位GALLERIA ZV
 使ったレビュー記事はこちら
 

ハイスペックゲームをプレイするには少し性能が足りないけど3DCGを操作するのに値段が安いパソコンがこれ!

3位GALLERIA RT5
使ったレビュー記事はこちら

→3位以下のパソコンはこちらのランキング表からチェックできます。

 

 

Quadroの性能をしっかり知らないで購入するとゲームのFPS数値が出なくて痛い目みます。

 

Quadro搭載モデルのraytrek ZQ2を実際に使ってレビュー記事を書きました。

少し前までならCG系ソフトを使うならQuadroだよねと言われていましたが、MAYAやZBrushにリアルタイム系ソフトを使い、趣味でゲームをプレイするならGeforceが搭載されているパソコンを使わないとFPS数値が出ずに使い物になりませんでした。

結論から言うと、raytrek_ZQ2を18万円も出して買うなら間違いなく15万円台で購入出来る過去にレビュー記事を書いたガレリアZVの方がオススメですが、用途によってはQuadro搭載パソコンにしか出せない性能もあります。

それぞれのパソコンがどう性能的に違うのかも比較した表を下の方のページに書いてるのでそこも合わせて確認してみてください!

 

raytrek ZQ2モデルの目次

 

 

今回借りたのはこちらのパソコンです。

公式サイト raytrek ZQ2

 

raytrek ZQ2のデザイン

 

GALLERIAシリーズと一見似ていますが、斜めカットがなく縦にストーンとしたシンプルなデザインです。

 

 

熱を逃げやすくするパンチの箇所はGALLERIAシリーズと同じで左側、右側にあり

 

 

上面、

 

 

下面にも熱の逃げ道があります。

 

正面と背面の端子

 

正面にはUSB3.0x2、SDカードリーダーx1、オーディオ入出力、電源、リセットボタン、

 

 

背面端子にはUSB3.0x2、USB2.0x2、オーディオ入出力、LAN接続端子のほか、モニターを接続する為のDisplay Portが4つ付いています。

 

 

個人的にDisplayportの端子は取り外す時に力を入れて抜かなければいけないのがやりずらくて1度壊した事があるのでモニター端子の中で1番嫌いですが、DVI端子変換プラグがあるのでそれを使うことで

 

 

モニターと簡単につなげる事が出来ます。HDMI端子とつなげる事が出来ないので注意してください。

 

 

raytrek ZQ2の中身

 

グラフィックカードはQuadro P2000が搭載

 

 

メモリは8GBx2枚刺さっており、残り2枚させる場所が残っています。

 

 

CPUクーラーにはDEEP COOL社製品が設置されており、しっかり冷やす事が出来ます。

 

 

HDDやSSDを設置出来るマウントベイは全面に3つ搭載出来る場所と

 

 

背面を開けると8基搭載出来る場所が設置されています。

 

 

SSDは1TBと大容量ですが、HDDは入っていません。

 

 

電源ユニットは最高グレードの80PLUSのTITANIUMが搭載されています

 

 

パソコンの性能

 raytrek ZQ2の性能
CPUインテル Core i7-9700KF(3.60GHz-4.90GHz/8コア/8スレッド/内蔵グラフィックス非搭載)
グラフィックスNVIDIA Quadro P2000 5GB
メモリー16GB
ストレージSSD Crucial MX500 1TB  (HDD無し)
光学ドライブDVDスーパーマルチドライブ
通信機能LANポート x1

CPUは2019年3月に発売された末尾に「KF」とつく最新モデルが搭載されています。

 

実際にMAYA、ブレンダー、サブスタンスペインター、マーベラスデザイナーを操作してみました。

 

僕が作ったデータを元に実際にarnoldでのレンダリング速度です。

MAYA arnold 1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫 2kサイズx50枚

 

 

レンダリング時間は50:50秒とでました。

 

 

過去に使ったレンダリング速度の一覧表はこちらに書いていますが、上位5位に入る速さです。ここだけ見ると一見悪くないと思うんですが…。

 

 

テクスチャ作成ソフトのサブスタンスペイターも動作確認済み

 

 

洋服をシュミレーションしながら作成出来るマーベラスデザイナーも動作確認済み

 

 

アンリアルエンジンも動きました。グリグリ動かしてみたけど変な重さは感じないですね。

 

 

ブレンダー公式サイトで配布されてるBMWをレンダリングすると04:54秒でした。

 

 

V-rayのベンチマークはCPUが1:30秒でGPUが2:48秒です。

 

 

ゲームのベンチマーク結果

 

ドラクエ10のベンチマークは最高品質ですごく快適のスコアが20140

 

 

FF15のベンチマークは標準品質の1920×1080だと、スコアが4850でやや快適

 

 

高品質の3840×2160だとスコアが1469と表示され動作困難でゲームプレイが不可能

 

 

バトルロイヤルゲームのオンラインFPSゲームPUBGは

 

 

グラフィックを全てウルトラの最高数値だとFPSが40~60FPSとカクカクしながらのプレイになりこちらも正常にプレイが不能でした。

 

 

VRがプレイ出来るか調べるベンチマークソフトでは可能の上位が表示されており、やはりゲームをするとQuadroらしい評価が出ています…。

 

raytrek ZQ2を実際に購入した人の口コミ

 

ドスパラではパソコンを購入した人が口コミを書いてくれたら500円分のポイントがプレゼントされますが、実際にraytrek ZQ2を購入した人の口コミがこちらのページから見れますが、現時点では3名だけのレビューが記載されていました。

プリント基板CADやFPGAのコンパイルなどストレス無しで作業できています。

とてもいい!

「表のUSBポート」をもう少し増やしたかった

 

raytrek ZQ2の評価

 

 

ドスパラ公式サイト raytrek ZQ2

Geforce搭載PCと比較してみると…

過去に使ったGALLERIA ZVの方がお買い得!!

ドスパラ公式サイトGALLERIA ZVraytrek ZQ2
使ったレビュー記事今回使ったパソコン
値段159,980円 189,980円
MAYA レンダリング速度54:43秒50:50秒
ドラクエ10ベンチマーク高品質スコア21819スコア20140
FF15ベンチマーク 高品質スコア3237 スコア1469
PUBG 画質ウルトラ FPS数値100~120FPS40~60FPS
グラフィックカードRTX2060Quadro2000P
CPUCore i7-9700KCore i7-9700KF
メモリ16GB16GB

 

過去に15万円台のPCガレリアZVと比較してみると、MAYAのレンダリング速度こそ4分程早い結果となっていますが、他の性能で見ると圧倒的に値段の安いパソコンGALLERIA ZVの方が性能が高い事が分かりますが、その原因はグラフィックカードにGeforce RTX2060が搭載されているからです。

もしもraytrek ZQ2を購入しようと思っていたなら、ガレリアZVも視野に入れてみてはどうでしょうか?使った時のレビュー記事はこちらに書いているので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
GALLERIA ZVは値段が15万円台と安いのにゲームも3DCGをするにも性能が良くてパソコンを購入する人にオススメ!実機レビュー! 安いのにしっかり動くパソコンが欲しいならこれ! 15万円台という購入しやすい値段でありながら、しっかりと3DC...

もちろんQuadroのいい部分もあります

 

「それではQuadroを売る意味が無いじゃないの?」と思われますが、そんな事はありません。

 

Quadroはゲーミングにはイマイチな結果ですが、10bitカラー出力に対応していたり、Geforceは1677万色なのに対して、10億6433万色の発色が可能なので綺麗なグラデーションを描いたりイラスト制作や写真レタッチで色をしっかり見たい人にはGeforceより良い部分があります。CADソフトも安定して動くと昔から評判がありCG制作ではQuadroを使っている人も多くいます。

 

僕も初めて買ったドスパラパソコンはQuadro搭載マシンでMAYAを操作していましたが、変な挙動をする事なく作品を作って就職をする事が出来ましたから間違いありません。
その時の作品はこちらから見れます。(学生時代はPCゲームに一切興味が無かったのでQuadroを選択)

あわせて読みたい
3DCG会社に5社面接を受けて4社内定を貰ったModelinghappyのポートフォリオを公開しました。 Modeling happy管理人が当時1年掛けて3DCGを勉強した時に作成した就職用に作った作品です。 当時は派...

 

ゲームがしたいのか?CG制作がしたいのか?イラストを描きたいのか?パソコンを使って何をしたいのか?によって購入するパソコンのパーツが違ってくるのでしっかり比較してから購入する事が大切ですよ!

 

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^

これを買えば問題ない!これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンをドスパラの説明会で詳しく聞いてきましたよ^^


ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

8月1日まで大決算セール開催中!

ドスパラ 大決算セール

日頃の感謝を込めてドスパラ公式サイトでは8月1日まで大決算セールを開催しています!

3万円ポイントバックキャンペーン中!

ドスパラ公式サイト 3万円ポイントバック

2019年7月12日(金)~7月31日(水)の期間中に対象のゲーミングPC(GALLERIAシリーズ)をご購入してキャンペーンエントリー頂くとPCゲームの購入にも使えるドスパラポイントが最大30,000円分ポイントバックされます!

購入者全員にもらえるポイント

パソコン金額もらえるポイント
30万円(税込)以上10,000円分
20万円(税込)以上8,000円分
10万円(税込)以上3,000円分
10万円未満2,000円分

 

また、30万円以上のパソコンを購入した人の中から抽選で10名に20,000円のポイントバックで最大30,000円もらえるという訳です!

応募方法は簡単でドスパラ公式サイトより欲しいパソコンを購入後、ドスパラ会員番号をエントリーページより入力するのみ!

 

36回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大36回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品36回まで分割手数料無料キャンペーが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度がやっているので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表

ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分からなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。