30万円台〜

raytrek 4CZZ RTX4090パソコン実機レビュー ブレンダーのCycles表示が超快適


今回はドスパラさんよりCPUがCorei9-13900KにGPUがRTX4090が搭載されている60万円越えのハイスペックパソコンraytrek 4CZZをお借りしたので実機レビューしました。

現在発売されているRTXシリーズで一番性能の高い4090が搭載されていますが、実際に触ってみるとさすがの一言でレンダリングが速くゲームのFPS数値が高く快適にプレイ出来ました。またGPU使用中は静音性も高く気になっていた騒音問題も全然気になる事がありませんでした。

raytrekのハイエンドモデルで新しくリニューアルされた新モデルはシルバーボディでカッコイイだけではなく、手前のファン部分がマグネットで吸着出来るので直ぐにホコリを除去できるようになっていたりと機能面でも使いやすいように一新されてるのが特徴です。

値段こそ高いですが、使ってみるとこの快適さは1度体験すると欲しくなってしまいますね。

今回お借りしたのはこちらのパソコンです。

機種名raytrek 4CZZ
CPUCore i9-13900K
グラフィックスGeForce RTX 4090
メモリー32GB
ストレージ1TB SSD
値段619,980円
(詳しくは公式HPを確認してください)

raytrek 4CZZのデザイン


raytrek 4CZZのデザインは2022年12月に一新されたハイエンドモデルのraytrekシリーズとしてボディがシルバーボディと一部黒を使ってメリハリのあるどんな場所でも置きやすく主張しすぎずにクリエイターが使いやすいボディデザインとなりました。


前面から見たデザイン。黒一色のボディデザインよりも白い部屋に馴染みやすくなっています。

真上には無数のパンチングが開けられていて熱が逃げやすい様に工夫されています。

前面には正面からはデザインが損なわれないように横からホコリを取ってくれるパーツがマグネットで入っています。


手で簡単に取る事が出来るので、エアーダスターを使わずとも簡単にホコリを取り除く事が出来ます。

左面にはスリット状のフィルターが搭載されていて、手軽に着脱可能でパソコン内部にホコリが溜まるのを防いでくれるようになっています。


右面にはシンプルにraytrekの文字が記載されています。

正面・後ろの端子


正面にはオーディオ入出力、USB3.2×2、電源がついています。


電源はボタンを押す形式ではなく、下にスイッチを下げる仕組みとなっています。


背面はUSB2.0x2、USB3.2×2、USB3.2×2、LANx1、Type-Cx1、USB3.2×1、オーディオ入出力、Displayportx3、HDMIx1、電源となっています。

raytrek 4CZZのパーツ構成と性能


横パネル後ろに付いてるネジを2つプラスドライバーで外す事で簡単に外してパーツを増設したりする事が出来ます。

グラフィックカードはRTX4090が搭載


グラフィックカードはPaltiのGeforce RTX4090が搭載されています。現在発売されているRTXシリーズのグラフィックカードでは最上位機種として28万円前後の高額パーツとなっていますが、値段が高いだけあり3DCGのレンダリングは過去一番早く、重たいゲームのサイバーパンク2077でもレイトレーシングをオンの状態でも快適に動作してくれるFPS数値をたたき出してくれました。

型番性能
RTX4090
5350
RTX4080
4779
RTX 3090 Ti
4111
RTX3090
3653
RTX3080Ti
3600
RTX3080
3323
RTX3070Ti
3023
RTX3060Ti
2688
RTX3060
2322

>ドスパラ公式サイト Geforce ベンチマーク比較表


ベンチマークで有名な3DMARKを使ってみるとTIME SPYのスコアは30542を記録


その他のグラフィックカードと比較してもずば抜けて高い事が分かります。

CPUはCore i9-13900Kが搭載


CPUには第13世代24コア32スレッドのCore i9-13900Kが搭載されています。CPUレンダリングは過去一番で速く処理能力の高さを感じられましたが、CPUレンダリング使用時はGPUと違いファンが高速回転して音が少し大きく感じられました。

型番コア数(スレッド数)性能
Core i9-13900K24(32)
11912
Core i9-12900K16(24)
7925
Core i9-12900KF16(24)
7925
Core i7-1270012(20)
6344
Core i9-11900K8(16)
5150
Core i7-11700K8(16)
5050

ドスパラ公式サイト CPUベンチマーク比較表


3DMARKでCPU数値を測ってみると最大スレッド数値が16643となりました。

メモリは16GB搭載


メモリは多ければ複数のソフトを同時に使って快適に動作してくれますが、こちらのパソコンは初期状態から32GB搭載されているので快適に動作する事が出来ます。

パソコンの動作音


パソコンの動作音はGPU使用中は気にならないレベルで静かですがCPU使用中は音が少し激しくなりました。試しにV-rayベンチマークを起動するとCPU使用中は音が56db前後に大きくなりましたが、GPU使用中は45db前後になりほとんど音が気にならないレベルとなりました。

ちなみに一般的な生活音の大きさは以下となります。

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

MAYA arnoldのレンダリング速度

mayaのarnoldを使って自作したサンプルモデルを例にレンダリング速度を計測してみました。

使用ソフトMAYA arnold
レンダリングサイズ1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫2kサイズx50枚

CPUレンダリング時間は6:56秒でした。

過去に使用したデスクトップパソコンとレンダリング時間を比較すると1番速い結果となっています。昔は20分台でも早いと思っていたらいつのまにか6分台に…


ちなみにMayaのArnoldレンダリングで別モデルを使って検証してみると、レンダリング結果が直ぐに反映されてストレスなく快適に作業出来る事が分かりました。じんわ~っとレンダリング結果を待たずにマウス操作を止めたら直ぐにノイズが減って最終系の絵が見えるのは本当に素晴らしいです。さすがRTX4090。

blenderのレンダリング速度

blender3.4を使いサンプルモデルのBMWをレンダリングしてみたら、CPUレンダリングは1分6秒でGPUレンダリングは6秒という結果でした。ここでもRTX4090の性能のずば抜けている結果を感じる事が出来ました。

blenderを使ったレンダリング速度
CPUレンダリング/1分6秒
GPUレンダリング/6秒

RTX4090でGPUレンダリングしている様子のgif動画を掲載しておきますが、あれ?レンダリングが本当にされたの?と一瞬疑うレベルの6秒で結果が直ぐに表示されて速すぎます。


ビューポート上でCyclesのCPUレンダリングしてみるとマウス操作を止めてからじわーっと少しずつノイズが減っているのが確認できます。


今度はGPUにしてレンダリングしてみるとマウス操作を止めてからCPUレンダリングよりも早くノイズが減少してレンダリング出来ているのが確認出来ます。快適すぎます。

Vray ベンチマーク数値

VrayベンチマークはCPU、GPUも高速に終わっているのが確認出来ます。

CPU00:22
GPU00:09

Cinebench Release 20のベンチマーク数値


CINEBENCHで計測してみるとCPUは14750ptsでシングルスコアが848ptsです。左下のランキング表だとトップに君臨しているのが分かります。

サブスタンス ペインターも動作確認済み

テクスチャペイントソフトのサブスタンスペインターでシミュレーションペイントする機能を使用してみましたが、重たさを感じずに問題なく動作確認出来ました。

アンリアルエンジン5も動作確認済み


アンリアルエンジン5でデモシーンを読み込み表示してみましたが、こちらも問題なく動作確認が出来ました。

フォトショップの処理能力

フォトショップを使って6000x4000pxの写真に「ぼかし放射状」を最高画質で適用すると約3.25秒と過去最高数値でした。使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

CPU時間
Core i9-13900K3.52秒
Core i9-12900K4.96秒
Core i7-127006.56秒
Ryzen 9 5900X7.13秒
Ryzen 9 3900X8.55秒
Core i9-10900K9.83秒〜11.50秒

ゲームのベンチマーク結果

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークは最高品質で、評価はすごく快適、スコアが25591と快適に動作する事が出来ました。

ドラゴンクエストⅩ25591

フォートナイトを高画質設定でプレイすると153FPS前後が表示されて快適に動作する事が出来ました。

フォートナイト153FPS〜

APEXでは高画質設定でFPSの上限設定をしていない状態で常時293前後を表示してくれて快適に動作しました。

APEX293FPS

GTA5のベンチマークを測ると60FPS前後で快適に表示されました。

GTA5ベンチマーク60FPS~

FF15のベンチマークでは高品質の3840×2160サイズで計測するとスコアが14949で過去出たことが無い「非常に快適」の評価が初めてでました。

FF1514949

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)はグラフィック数値を全てウルトラにしてもFPS数値が233前後出て快適にプレイする事が出来ました。

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)233FPS~

PC性能を要求されるサイバーパンク2077はレイトレーシングをオンにしても130FPS前後で過去最高数値をマーク。サクサク快適に動作してくれました。


サイバーパンク2077のベンチマークでも平均128FPSが出ていました。

raytrek 4CZZの総評

ドスパラ公式サイト raytrek 4CZZ

速くて快適!爆速パソコン!値段だけの価値がありますが、ここまでの性能が必要なのはプロで仕事をしている人か、お金に余裕がある人ですね。

ボディデザインも一新されホコリを簡単に除去出来たりとボディ周りも使い勝手がよくなりましたが、CPU、GPU共に性能が良いパーツが積み込まれているのでとにかくCG操作は超快適です。リアルタイムと変わらない表示速度でcyclesのレンダリングが出来るのは変更を直ぐに確認しながら作業出来るので、待ち時間が減って作業を効率的に進める事が出来ます。

また、ハイエンドゲームでも重たいと言われているFF15やサイバーパンク2077でも最高数値をマークして快適に動作してくれるのが確認できました。

正直値段は高いのでここまでの性能を必要としている人は限られていると思いますが、作業が想像以上に快適になってくれる事を考えたら、他の検証など色んな事が出来そうなので、ついついポチってしまいたくなります。

なお、現行で販売されているモデルはCore i9-13900KF搭載のraytrek 4CZZ 第13世代Core搭載モデルになります。

ドスパラPCを注文してみたよ

【PC購入】ドスパラのPCを48回払いでネット通販で注文する手順を1から詳しく書きました

家のパソコンの動作が悪くなり、2019年に26万円のドスパラPCを48回払いで購入した時の記事です。ドスパラでパソコンを購入するにはどうすればいいのか分からない人は参考にしてみてください。

ドスパラPCは最短、次の日届きます!

ドスパラPC100%国内生産!最短翌日届く!

ドスパラPCは神奈川県で製造されていて、配送には「ヤマト運輸」を採用しているので「当日出荷」と記載されているパソコンは正午までの注文確定でその日に出荷可能。配送がとにかく早くて実際に2019年に購入したら直ぐに到着しました。

ドスパラPCを使って管理人が実際に作った作品

管理人がドスパラPCを使って実際に作った作品の一部です。

2013年に初めてドスパラPCを購入して使っていましたが、もっとレンダリング速度の速いパソコンが欲しくてキャッシュレス還元をやっている2019年の12月にGALLERIA ZZを購入しました。レンダリングがサクサクだと待ち時間が減ってストレス減になり作品作りもより楽しくなりました。

GALLERIA ZZを購入した記事はこちらに買いているので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
実際に30台以上のパソコンを触って比較した結果ドスパラPC 【GALLERIA ZZ】を購入 6年ぶりに新しいパソコンを購入しました。 2013年の12月にドスパラPCを当時20万円近いお金を払って購...

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^


ドスパラ店長さんに初心者におすすめの人気3DCGパソコンを聞いて来ました。

ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

48回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大48回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品48回まで分割手数料無料キャンペーンが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度があるので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表


ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分か
らなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × two =