フォトショップでお絵かきやネットサーフィンなど、ブログを書くのにオススメの万人向けドスパラノートPC【Critea DX-KS F7】を実際に触ってみました!

Pocket

 

3DCGの操作しないけど、絵を書いたり資料を探したりyoutubeの動画にブログを書いたり写真編集をするのに使える一般的なドスパラのノートパソコンCritea DX-KS F7を使ったレビュー記事を書きました。

 

シンプルなノートパソコンはmacbookが候補にあがるけど値段が高い!

 

この手のノートパソコンはmacを選びがちです。確かに薄くてカッコイイのでスタバでドヤる事は可能。しかし値段は高くUSBが差し込めず、結局別売りのケーブルを買ったりあーだこーだしている間に、出費はドンドン跳ね上がり、去年僕が買ったmacbookproはケーブル含めて17万円になっていたのだ!た、高い!!

 

しかし、Critea DX-KS F7はUSBケーブルに撮影したメモリーカード差込口もあり、税込みで約10万円とお手軽にノートパソコンを使いたい人にうってつけの商品なんです!

 

このノートパソコンの利点

・フォトショを使って絵を描いたり写真編集ができる
・シンプルなデザインで外見がカッコイイ
・マックより安い
・軽いので持ち運びしやすい

 

セット内容です。梱包材を外すと電源と本体が入っていました。

Critea DX-KS F7のデザイン

本体のデザインはmacbookを想像させるシンプルな作りでロゴも一切無く重さも1.8kgと軽く片手で持ち運べる重さです。現行のmacbookpro15インチは1.83kgとほぼ同じ重さになっているのに、Critea DX-KS F7はメモリーカードにUSBやHDMIが差し込めるようになっています。

正面からのデザイン。

後ろからのデザイン。

画面の見え方

モニターは15.6インチで1920×1080 
非光沢モニターなので自分や周りの環境が写り込まなく作業がしやすい作りとなっています。
その点MacBook Proは映り込みが激しく画面が見づらいという欠点がたまに出てきます。テカテカしてて一見かっこいいんですけどね。

キーボード タッチの感触

キーボードの配列は違和感を感じず、打ちごたえも「パチパチ」とした感じで薄くなる前のmacbookのキーボードと同じ感じでmacを使ってる僕としては非常に使いやすく感じました。ボディから見て分かる通りmacと比較する人用に似せているんだと思います。

タッチパッドは思うように動かない時がある

ウィンドウズやフォルダを動かす時に選択して移動してから離してるのに、まだ選択した事になっていたりと思うように動かない事があり操作にてこずる部分がありました。慣れたらそんな事もあまり気にならないのかもしれませんが、ここはmacbookproはサクサク動くのでマウスを使った方が良いと思いました。

SSDにしないと動作が重たくて…。

久しぶりにHDDのパソコンを起動しましたが遅すぎて使う気になりません..。


このノートは標準だとHDDですが、カスタマイズでSSDは必須です。
パソコンの起動時間は1/10以下になりphotoshopの画像保存なども早くなり待たされる事がほとんど無くなります。久しぶりにHDDのパソコンを触りましたが、一度SSDの速度に慣れると2度と戻れませんね。

サイド面の端子

右側にはUSB3.0x2 、
HDMI、LAN、

左側にはヘッドホン出力、電源、SDカードリーダーが付いています。


カメラから取り出したSDカードをそのまま挿せるのはやっぱり便利です。
macbookproは現状別売りのケーブルが必要なのでお金もかかるしケーブルを忘れて使えなかったこともありましたがその心配が無くなります。

 

HDMIが標準で付いてるので、ペンタブでお絵描きできる

HDMIが標準でついてるので、液晶タブレットを買えばすぐに接続して使うことができます。

僕が以前購入したGaomonの液晶タブレットをつけてphotoshopでお絵描きしてみましたが、サクサクで動作良好。全く問題無くスラスラ描くことができましたが、これがwacomのタブレットとなると液タブだけで10万円近くなるので恐ろしく高いんですよね…。

液タブを買った時の記事

バッテリーは小さくて持ち運びしやすい◎

3DCGサクサクの1060GFは性能が良いけどバッテリーのサイズが大きく持ち運びに不便ですが、いつでも使いやすい万人向けのノートパソコンとして使いやすくバッテリーが小さく持ち運びに便利でした。また、100%の充電で約5.6時間連続で稼働させることができます。

パソコンの性能

Critea DX-KS F7
CPU インテル Core i7-8550U (クアッドコア/HT対応/定格1.80GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
グラフィックス インテル UHDグラフィックス620(CPU内蔵)
メモリー 8GB DDR4 SO-DIMM
ストレージ 1TB HDD
光学ドライブ 無し
通信機能 Intel Wireless-AC 8265(IEEE802.11 ac/a/b/g/n)

ベンチマークソフトで速度を測定してみました

今回のパソコンは値段から見ても、あくまで軽い動作をするパソコンなので3DCGを操作する用ではありません。しかし念のためにCINEBENCHで速度を測ってみるとOpenGLは46.53fpsでCPUは519cbとどちらも低い事が分かります。

どのパソコンでも最高評価が出ていたドラクエのベンチマークでさえも評価は普通で3598という数値だったので他のゲームの評価は見送る事にしましたが、このパソコンでもドラクエをオンラインで遊べるだけのスペックがあるのは凄いですね。

また6000pxの高解像度写真をSDカードをいれて確認してみましたがプレビューでサクサク見る事ができました。

Critea DX-KS F7のパソコンまとめ

 

ドスパラ公式サイトCritea DX-KS F7

 

3DCGやハイスペックゲームをするパソコンでは無く、フォトショップやイラストレーターで絵を描いたり、撮影した写真を調整したり、ネットサーフィンにyoutubeの動画をみてブログをかいたりするのに使うノートパソコンです。

 

しかし、先ほども書きましたがタッチパッドは少し使いづらくて肩がこりそうになるのでマウスは必須。macbookproの方がスムーズに動いてくれますが、値段を比較すると6万円程浮く事を考えれば、どちらのパソコンを買うかはかなり悩ましくなると思いますが、初めて買うノートパソコンがCritea DX-KS F7だったら、そこまで気にならないと思うので、マウスを買って使うというのも選択肢の1つに入れてみると良いですよ。

 

ただし、税込みで約10万円するので3DCGやハイスペックを求められるゲームもプレイできるraytrek RKF1060TGKを買った方が長い目で見たときに後悔しないと思いますが、絶対にゲームも3DCGもしない!!という人にはオススメのパソコンだと思います!

 

もっと詳しく知りたい方はドスパラ公式サイトより確認してみてください。

ドスパラ公式サイトCritea DX-KS F7

スポンサードリンク
>>こちらの記事も合わせて読まれています<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。