パソコンのこと

raytrek R5-AA6 デスクトップPC並みのノートパソコン 15.6インチでCGもゲームもサクサク快適 実機レビュー

今回はドスパラさんより新作のクリエイター向けブランドraytrekシリーズより15.6インチのraytrek R5-AA6をお借りしたので実機レビューしてみました。CPUにはインテルCore i7-12700Hを搭載してGPUにはRTX3060が搭載されているので、CG操作からハイエンドゲームまで快適に動作する1台でした。正直今直ぐにノートパソコンが必要という状況だったら間違いなくオススメ出来る1台であり、自分自身が欲しいと思える性能でした。

20万円台でノートパソコンを探している人は是非ご参考にしてみてください。

今回お借りしたraytrek R5-AA6の性能スペック

機種名raytrek R5-AA6
モニターサイズ15.6インチ 非光沢 1920×1080 フルHD sRGBカバー率99%
CPUCore i7-12700H
グラフィックスGeForce RTX 3060
メモリー16GB DDR5 SO-DIMM
ストレージ1TB Gen4 NVMe SSD
重さ2.0kg
値段199,980 円(税込) (詳しくは販売サイトを確認)

raytrek R5-AA6のセット内容


セット内容は本体と180WのACアダプターにケーブルの3点セットです。

ACアダプターは成人男性が手に持つとこのぐらいの大きさで、若干大きさを感じます。

PCとバッテリーの重さ

本体の重さは測ってみると2.067キロと公式通りほぼ2kgの重さとなっています。軽いのでどんな場所に持ち運んでも苦にならない重さです。

バッテリー込みだと2.84kgと3キロ近い重さとなります。鞄に入れると少しズシッとくる重さになりますが、体が疲れる程の重さではなくバッテリー込みでも持ち運びしやすいです。

パソコンも入る鞄に入れてみましたが、難なく入れる事が出来ました。

raytrek R5-AA6のデザイン

表面にはraytrekのシンプルなロゴがあるだけでボディーは少し暗めのメタリック調のシルバー質感です。光に当たったり、周りの環境で色が多少変化しますが基本的にダークグレー寄りのどんな場所でも使いやすい色味となっています。

画像クリックで拡大します

raytrekのシンプルなロゴだけなので、カフェなどの場所でも使いやすいデザインです。背面と後ろには熱を逃がす工夫がされているので、重たいCG作業やハイエンドゲームをプレイしている最中にもしっかりファンが回って熱が逃げるようになっています。

画面の見え方 視野角 モニターの色

液晶画面は15.6インチのフルHD画質1920×1080、sRGBカバー率は99%なので色をしっかり確認したいデザイナーさんにも安心して使えるモニターとなっています。画面は光が当たっても反射しづらく、作業中にも自分が画面に映り込んで邪魔になる心配もありませんでした。


真上から見ても発色が良く問題ありませんが、角度によっては左上に天井のライトが反射しているのが確認出来ます。


画面前に人体人形を置いてみましたが、ほとんど映り込む事がありません。

液晶部分は最大この角度まで開いて作業する事が出来ます。

画面上にはHD画質のWEBカメラが搭載されています。Windows Hello対応しているので、ディスプレイと向き合うだけでWindowsへのログオフやロック解除が可能になります。

キーボード タッチの感触

ノートパソコンではキー配列が独特の配置になっている事がありますが、こちらのキーボードは標準的な日本語配列キーボードを採用していますが、Altの位置や矢印キーの配置が少し独特なので使い始めは多少慣れるのに時間が必要かなと思いました。

キーの高さは低くてタッチ中も音が静かで押し心地も非常に滑らかで気持ち良いです。音が全然しないので静かな図書館やカフェでも問題なく使用出来ます。

マウス操作に使うタッチ部分も問題なく使用出来て、右下部分を触ると右クリックでフォルダ作成なども問題なく使用する事が出来ました。

正面・後ろ・サイド面の端子

パソコン正面


パソコン背面

Thunderboltx1、HDMIx1、LANx1、電源x1が付いているので別途ディスプレイを増やしたり液晶タブレットに繋げて使用する事も可能です。

背面はLANケーブルを差し込めるので、大容量データのやり取りやゲームでも回線にラグが無く快適に遊ぶ事が出来ます。

パソコン右面

SDカードリーダーx1、USB3.2×2が付いているので、変換器が無くても直ぐにカメラで撮影した写真を取り込むことが可能です。

撮影した画像や動画を別売りのハブを使わず直ぐに差し込んで編集出来るのは非常に便利です。

パソコン左面

ケンジントンロックx1、USB3.2 Gen2 x1、マイクx1、イヤホンジャックx1が付いています。

CPU性能

CPUには14コア20スレッドのCore i7-12700Hが搭載されています。過去使用したノートパソコンGALLERIA UL7C-R36に搭載されているCore i7-11800Hの上位版という事もあり、Mayaのレンダリング時間では同じシーンデータを使い3分早くなり、ドラゴンクエストXのベンチマークでもスコアが高くなりました。

3DMARKでCPU数値を測ってみるとMax Threadsの数値は6280となりました。

グラフィックカードの性能

グラフィックカードにはGeForce RTX 3060が搭載されているので、ハイエンドゲームをプレイしても、FPS数値がしっかり出て快適に遊ぶ事が出来ました。

3DMARKでベンチマーク数値を測ってみるとTIME SPYのスコアは8727でした。

ターボモードで計測しています


電源ボタン横にメーターマークがありますが、ボタンを押す事で「オフィスモード」「パフォーマンスモード」「ターボモード」と3つのモードに切り替える事が出来ます。オフィスモードでゲームをプレイするとファンの音が静かですが性能が発揮されない様になるので、一番性能が出るターボモードにして今回は全ての性能を調べています。

MAYA arnoldのレンダリング速度


maya2022のarnoldを使って自作したサンプルモデルを例にレンダリング速度を計測してみました。

使用ソフトMAYA arnold
レンダリングサイズ1920×1080
バイク本体のテクスチャ2kサイズx90枚
倉庫2kサイズx50枚

レンダリング時間は20:34秒と出ました。

過去に使ったノートパソコンだと1位の早さです。ノートパソコンでレンダリング速度を求めているなら買いの1台な事が分かります。

順位レビューPCレンダリング時間
1位raytrek R5-AA620:34
2位GALLERIA UL7C-R3623:27
3位raytrek R5-TA6 32GB25:53
4位GALLERIA GR2060RGF-T26:13
5位GALLERIA RL5C-R3534:47

blenderのレンダリング速度

blenderでサンプルモデルのBMWをレンダリングしてみましたが、CPUレンダリングは3分1秒で、GPUレンダリングも3分台と早くレンダリングが終わりました。ただ以前使ったデスクトップパソコンraytrek ZQ-A4000はCore i7-12700Kが搭載されているので1分55秒台だったので性能が高かった事が分かります。

blenderを使ったレンダリング速度
CPUレンダリング/03:01:68秒
GPUレンダリング/03:01:79秒

サブスタンス ペインターも動作確認済み

テクスチャ作成ソフトのサブスタンスペインターもパーティクルで動作するペイントなど問題なく動作しました。

CINEBENCH R15のベンチマーク数値

OpenGL163.02
CPU1450cb

CINEBENCH R20のベンチマーク数値

CPU4902

V-rayのベンチマーク数値

CPU01:08
GPU00:41

フォトショップの処理能力

フォトショップCCを使って6000x4000pxの写真にフィルターのぼかし放射状を最高画質で適用すると約8.77秒とデスクトップパソコンと変わらない早さでした。使用したサンプル画像はこちらからダウンロードできます。

パソコンの動作音

パソコンの動作音はネットサーフィンやYOUTUBE視聴中には35db前後で静かですが、ハイエンドゲームや3DCGのレンダリング中はファンが高速回転してVrayベンチマークを起動してみると55db以上の大きな音となってイヤホン無しではゲーム等をプレイするには支障が出るレベルとなりました。

一般的にどれだけの音なのか比較した表です。

騒音計で計測した音の評価数値
冷蔵庫の音30db
室内のエアコンの動作音40db
室外機のエアコンの動作音50db

ゲームのベンチマーク結果

軽い処理で動作するドラクエ10のベンチマークは最高品質にすると、スコアが18023で評価は「すごく快適」です。

ドラゴンクエストⅩ18023

フォートナイトをプレイすると60FPS前後が表示されて快適に動作する事が出来ました。

フォートナイト120FPS〜

APEXをプレイすると常時60FPS前後を表示してくれて快適に問題なくプレイ出来ました。

APEX60FPS〜

GTA5のグラフィックをすべて最高設定にしベンチマークを測ると常時FPS数値が60前後で快適に表示されました。

GTA5ベンチマーク60〜FPS

FF15のベンチマークでは高品質の3840×2160サイズで計測するとスコアが3705で問題なく高画質でプレイする事が出来ます。

FF153705

オンラインで対戦できるFPSゲームPlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)はグラフィック数値を全てウルトラにしても180FPS前後表示して快適に動作しました。

PlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)180FPS~

PC性能を要求されるサイバーパンク2077はベンチマークを起動するとFPS数値が84前後の数値が出て快適に動作する事が分かりました。

サイバーパンク207758FPS~

raytrek R5-AA6の総評


公式サイト raytrek R5-AA6

レンダリング速度は申し分なく、ゲームのFPS数値も高くてデスクトップ顔負けの性能でした!軽いので持ち運びしやすくどこでも作業出来るのも良かったです!

3DCG操作ではMayaやブレンダーのレンダリング速度は速く、操作も問題なく使う事が出来ました。ゲームでは高いFPS数値を常に出してくれるのでグラフィックを高くしても快適に遊ぶ事が出来ました。ノートパソコンという事を忘れてしまうデスクトップ顔負けの性能です。

今回本体が非常に軽かったので外出先でも使ってみましたが、撮影した写真を直ぐにSDカードリーダーから読み込めて画像編集、記事の編集まで問題なく出来て、いつもデスクトップPCとして使っているGALLERIAパソコンと変わらない速度で使う事が出来てストレスなく非常に快適に作業する事が出来ました。ホテルなのに家にいるのと変わらずCG作業からいつもと違った環境でハイエンドゲームで遊べる事には正直驚きました。テレワーク作業もこれだと問題ありません。

どんな場所でも重たい作業もこれ1台で動作するのは心強いのでデスクトップPCと変わらないサブ機としてノートパソコンを探している人にはオススメ出来る1台となっていました。

詳しくはドスパラ公式サイトより詳細をチェックしてみてください。

ドスパラでPC購入で全員に最大10,000ポイントもらえる年に1度の大決算セールが開催!

ドスパラ大決算セール!PC購入で最大10,000ポイント!

ドスパラでは2022年8月1日まで大決算セールと題して指定のパソコンを購入してエントリーすると全員に最大10,000ポイントもらえるセールを開催しています。付与されるポイントはモニターやマウスにキーボードにヘッドホンなどドスパラで販売している全てのPCパーツ等に使用する事が出来ます。通常ドスパラポイントと別に大決算セールのポイントが入るので大変お得なキャンペーンとなっています。

キャンペーンに参加するにはPC購入後必ずこちらのページからから下記画像のエントリーページから、エントリーする必要があるので忘れないで行ってください。

ポイントの付与は2022年8月25日(木)が予定されていて、2022年11月30(水)までにポイントを使用する必要があるので注意してください。

ドスパラPCを注文してみたよ

【PC購入】ドスパラのPCを48回払いでネット通販で注文する手順を1から詳しく書きました

家のパソコンの動作が悪くなり、2019年に26万円のドスパラPCを48回払いで購入した時の記事です。ドスパラでパソコンを購入するにはどうすればいいのか分からない人は参考にしてみてください。

ドスパラPCは最短、次の日届きます!

ドスパラPC100%国内生産!最短翌日届く!

ドスパラPCは神奈川県で製造されていて、配送には「ヤマト運輸」を採用しているので「当日出荷」と記載されているパソコンは正午までの注文確定でその日に出荷可能。配送がとにかく早くて実際に2019年に購入したら直ぐに到着しました。

ドスパラPCを使って管理人が実際に作った作品

管理人がドスパラPCを使って実際に作った作品の一部です。

2013年に初めてドスパラPCを購入して使っていましたが、もっとレンダリング速度の速いパソコンが欲しくてキャッシュレス還元をやっている2019年の12月にGALLERIA ZZを購入しました。レンダリングがサクサクだと待ち時間が減ってストレス減になり作品作りもより楽しくなりました。

GALLERIA ZZを購入した記事はこちらに買いているので合わせて読んでみてください。

あわせて読みたい
実際に30台以上のパソコンを触って比較した結果ドスパラPC 【GALLERIA ZZ】を購入 6年ぶりに新しいパソコンを購入しました。 2013年の12月にドスパラPCを当時20万円近いお金を払って購...

これからCGデザイナーになる人におすすめのパソコンを詳しく聞いてきましたよ^^


ドスパラ店長さんに初心者におすすめの人気3DCGパソコンを聞いて来ました。

ドスパラの中の人にこれから3DCGクリエイターとして働くにはどのパソコンがオススメなのか詳しく聞いてきたのでこれを買えば間違いありません!

48回払い手数料無料キャンペーン中!



ドスパラ公式サイト パソコン最大48回まで分割払い手数料が無料!

パソコン全品48回まで分割手数料無料キャンペーンが実施されています!今はお金が無くてもお得にパソコンを買うことが出来る制度があるので是非チェックしてみてください!僕もこれを使って学生時代にパソコンを買いました。何がどうお得なのかこちらの記事にて詳しく説明しているので読んでみてください。

ドスパラPC徹底比較したよ!ランキング 早見表


ドスパラPCランキング 早見表

ドスパラ公式サイトを見てもゲームに3DCGが使えるパソコンがどれなのかイマイチ分か
らなかった!その為管理人が自らドスパラPCを触ってどれがオススメなのか?実際にソフトは起動するのかなど、値段と性能を一覧で分かりやすく書きました!一番性能があって買いのパソコンはこれだった!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

eight − five =